HOME学科紹介 > 臨床工学学科(臨床工学学科とは)
理学療法学科
作業療法学科
臨床工学学科
義肢装具学科
救急救命学科
臨床工学学科とは
学科説明

「信頼・安心できる医療」を行うための 医療機器のスペシャリスト

医用機器のすぐ向こう側には患者さんの大切な命が委ねられている!

医学の進歩は著しく、臨床の現場にはより高度な医用機器が導入され、それらの機器なしでは近代医療は成り立たなくなっていると言っても過言ではありません。医用機器は、患者さんの大切な生命まで救えるようになりましたが、時には医療事故につながる危険性もはらんでいます。そこで、「信頼・安心できる医療」を行う為に医用機器のスペシャリストとして「臨床工学技士」が誕生し、現代の高度化する医療を支えています。

臨床工学技士とは

『医師の指示の下に、生命維持管理装置の操作および保守点検を行う』 コメディカル(※)のことをいいます。患者さんの命を支え、治療の状況に合わせて医用機器を操作し、患者さんの生命を安全に守っているエキスパートが「臨床工学技士」です。

(※)コメディカル(Comedical)とは
医療の現場では、患者さんの治療に医師や看護師の他に、診療放射線技師、臨床検査技師、理学療法士など数多くのスタッフが関わっています。これらのスタッフを総称して『コメディカル』といいます。 臨床工学技士 もコメディカルの一員です。



生命維持管理装置の種類

人の体には、生命維持に欠くことができない「呼吸」「循環」「代謝」の機能があります。これらの機能が何らかの原因で、うまく働かなくなったときに、その機能の一部を代替する医用機器を『生命維持管理装置』と呼びます。臨床工学技士が操作する主な生命維持管理装置には以下のものがあります。

人工呼吸器 人工呼吸器

何らかの原因で、自分で呼吸(酸素を取り込み、二酸化炭素を吐き出す)ができない患者さんに、人工的に補助または代行する 機器を「人工呼吸器」と言います。

  人工心肺装置 人工心肺装置

心臓の手術の時に、拍動している心臓を切開することは困難です。そのため、開心術を行うためには、心臓を一時的に止める必要があります。その間、心臓と肺の働きを一時的に代行する機器を「人工心肺装置」と言います。

血液浄化(透析)装置 血液浄化(透析)装置

腎臓の機能が低下した時、尿が作れなくなり体内(血液)に老廃物がたまってしまいます。そこで、患者さんの血液を、透析器(ダイアライザ)に通し、血液中の老廃物を除去して、血液をきれいにする機器を 「血液浄化(透析)装置」と言います。

  ペースメーカ ペースメーカ

心臓は必要な血液量を全身に送り出すために、一定のリズムで収縮します。なんらかの原因で、患者さんの心臓の拍動が途切れたりした時に、正常なリズムで拍動させることを助ける機器を「ペースメーカ」と言います。

高気圧酸素治療装置 高気圧酸素治療装置

ガス中毒や潜水病などで低酸素になった時、高い気圧環境の中に患者さんを収容し、高濃度の酸素を吸入させる機器を「高気圧酸素治療装置」と言います。

     


臨床工学技士の就職・業務

■病院・クリニック
手術室や集中治療室(ICU)、救急救命センター、透析室、高気圧治療室、心臓カテーテル検査室、内視鏡検査室、ME(医用工学)機器センターなどに勤務し、生命維持管理装置の操作や保守点検の業務のみならず、最近では眼科・整形外科の分野にも進出しています。
■医用機器関連メーカー
医師や看護師に製品の取り扱い方法の指導や、最新の医療情報の提供を行います。また製品の開発等にも従事しています。
■教育研究機関
臨床工学技士養成校などの教員として教育に携わります。

臨床工学技士のこれから

「臨床工学技士」は、医学から工学までの幅広い知識が必要とされます。それを学ぶには決して安易ではありません。しかし、それだけにやり甲斐がある職種です。
これから先も医学は進歩し、新たな医用機器が開発され、ますます臨床工学技士の活躍のフィールドは広がっていきます。医療の現場では、専門知識を持った、“医用機器のスペシャリスト”が必要とされています。
ページの先頭へ戻る
教育方針
■教育目的
本学科は、信頼される医療人としての豊かな「心」と、優秀な「技術」を身につけた臨床工学技士を育成する為に次の教育目標を掲げています。

■教育目標

調和のとれた社会人の育成   有能で実践的な臨床工学技士の育成
日常生活を営むための言語技術、礼儀・作法など一般社会の常識を身に付け、医療人である前に立派な社会人を目指し、社会から信頼される人材の育成を行います。 臨床工学技士は、医学から工学までの幅広い知識が必要とされます。その為、医学と工学の基礎をしっかり身に付け、幅広い知識を習得するための教育内容になっています。
また、医療の現場は患者さんが主役です。「人の痛み」が理解できる心を養うと共に、医療の基本である人間との関わりに必要な高いコミュニケーション能力を有したチーム医療の一端を担う医療人を育てます。チーム医療の一員としての、 コミュニケーション能力を身に付けます。 机上で学ぶだけではなく、長期間の学内実習や臨床実習を行うことで、学生全員があらゆる医療分野での対応できる力を身に付けます。
 
社会のニーズに対応できる人材の育成   国家資格の取得
医療は日々進歩していきます。医学・工学を理論的に深く考える力を育て、社会のニーズに対応し、広い視野で物事を捉え行動できる力を育てます。 国家試験の合格は、全学生の目標です。1・2年次の早い時期に、国家試験の問題に触れ各講義の必要性を理解し、3年次には、分野別対策ゼミや少人数制によるグループ学習、
医療人としての使命感に基づいて、自己研鑽ができる能力を身に付けます。 個別指導による弱点克服、模擬試験などを行い、受験生全員の合格を目指します。
ページの先頭へ戻る
カリキュラム
  科目名 単位数
1学年 2学年 3学年



生物化学 1    
数学 1    
物理学 1    
英語 2    
医学用語学 2    
チーム医療論 1    
心理学 1    
文章学 1    
保健体育 2    
接遇マナー・人間学 1    
キャリア教育論     1
基礎分野 合計 13 0 1





公衆衛生学 1    
解剖生理 2    
病理学概論 2    
基礎医学実習   1  
医学概論 1    
臨床生理学   2  
臨床生化学 1    
臨床免疫学   2  
臨床薬理学     2
臨床検査学   1  
看護学概論 1    
電気数理学 1    
応用数学 1    
電気工学T 2    
電気工学U 2    
電子工学T 2    
電子工学U 2    
電気・電子工学総合実習   1  
機械工学   2  
理工学演習T 1    
理工学演習U   1  
理工学演習V     1
システム・情報処理工学 4    
システム・情報処理実習     1
統計学   1  
情報処理工学演習     1
専門基礎分野 合計 23 11 5



医用生体工学概論 2    
臨床工学概論     2
物性工学   2  
材料工学   2  
計測工学 2    
医用生体工学演習     1
医用治療機器学   2  
医用治療機器学実習     1
画像診断機器学   2  
生体計測装置学T   1  
生体計測装置学U   2  
生体計測装置学実習     1
医用機器学演習     1
呼吸療法装置学T   1  
呼吸療法装置学U   1  
呼吸療法装置学V   1  
呼吸療法装置学実習     1
体外循環装置学T   1  
体外循環装置学U   1  
体外循環装置学V   1  
体外循環装置学実習     1
血液浄化装置学T 2    
血液浄化装置学U   2  
血液浄化装置学実習     1
生体機能代行技術学演習     2
医用機器安全管理学   2  
医用機器安全管理学実習     1
関係法規 1    
臨床工学演習     2
臨床技能実習     1
内科・外科学 1    
消化器科学   1  
呼吸器科学   1  
循環器科学   1  
神経学 1    
血液感染学 1    
腎・泌尿器科学   1  
代謝内分泌学   1  
麻酔・集中治療学   1  
臨床実習     6
専門分野 合計 10 27 21
  総計 46 38 27


医学と工学の基礎を学ぶと共に
心温かい人間性を育む
医療人としての一般教養的な基礎科目、医学・工学の基礎となる専門基礎科目を学びます。カリキュラムに「接遇・マナー」「文章学」などを取り入れ、一般社会の常識を習得します。また、知識や技術だけでなく、医療に携わる者として「人の痛み」が理解できる心を養いコミュニケーション能力を身に付けます。
1年次
 
基礎的な知識を
さらに確かな技術へ
専門分野をより広くより深く学習し、実際に医用機器に触れながら、その構造や安全性について理解を深めます。学年末には、希望して選ばれた学生が臨床現場で短期間の実習を行い、3年次の臨床実習にそなえます。
2年次
 
臨床工学技士になるための
総仕上げ
2年間で身につけてきた知識と技術をフルに活用し、臨床実習、国家試験に挑みます。長期間の臨床実習では、これまでの学習の成果を発揮し、高い論理的思考と深い洞察力を兼ね備えた臨床工学技士を育てます。また、国家試験に向けて総復習を行い、確実な合格を目指します。
3年次
 
ページの先頭へ戻る
国家試験対策
国家試験に合格することは、学生全員の目標であり、臨床工学技士としてスタートラインに立つことです。卒業生の100%国家試験合格率を目指し、講師陣が全力でバックアップしていきます。本学院のこれまでの国家試験の合格率は、全国平均に比べ高い水準を維持しています。
国家試験合格を目指してのサポート

早い時期からの国家試験対策

1・2年生の早い時期から国家試験に触れ、各講義を学ぶ必要性を理解し、学習意欲の向上を目指します。

模擬試験による実力アップ

本学院では、多くの模擬試験を実施しています。過去に出題された問題はもちろん、日本臨床工学技士施設協議会で作成された全国統一模擬試験、本学院オリジナルの模擬試験など、数多くの問題を解くことで、実力アップを目指します。

きめ細かな指導

本学院独自に作成した分野別対策プリントを使用し、徹底的に出題ポイントを勉強していきます。また、学生一人ひとりの能力に合わせた各種ゼミや少人数制によるグループ学習、個別指導による弱点克服などを行い、放課後に補講を行い学生全員の合格を目指します。

個人の能力に合わせて弱点克服少人数制によるグループ学習