HOME学科紹介 > 救急救命学科(救急救命学科とは)
理学療法学科
作業療法学科
臨床工学学科
義肢装具学科
救急救命学科

救急救命学科とは

学科説明

尊い命を救う 病院前救護活動の最前線

救急医療の最前線であるプレホスピタルで活躍

救急救命士は、救急医療の最前線であるプレホスピタル(病院前)で尊い命を救う国家資格です。
救急救命士の仕事は年々拡大され、高度化しています。


救急救命士とは

救急救命士は、急病人やケガ人などの症状を観察し緊急性や重症度をすばやく判断。そして必要な処置を行います。ただし、心肺停止の患者さんには、心肺蘇生法とAEDを使った電気ショック以外に、病院で行うような高度な処置が必要になります。この高度な処置(特定行為)は医師の指示のもとに行います。

高度気道確保(特定行為) 高度気道確保(特定行為)

何らかの原因で気道(肺への空気の通り道)が確保できない場合、ノドの奥から挿入する「気管チューブ」などで気道を確保し、肺に確実に酸素を送ります。

  静脈路確保(特定行為) 静脈路確保(特定行為)

一般的には「点滴」といわれています。腕や脚の、目に見える静脈に注射針を刺し、体内に薬を入れる道(静脈路)を確保します。

薬剤投与(特定行為) 薬剤投与(特定行為)

点滴の途中から「アドレナリン」という薬剤を体内に投与します。ただし、対象となるのは心臓機能が停止した患者さんです。アドレナリンには機能が停止してしまって心臓の動きを助ける働きがあります。

  重症アレルギー反応への対応 重症アレルギー反応への対応

食べ物や薬、ハチ刺傷で重症のアレルギー反応を起こす方に中には、病院からペン型のアドレナリン自己注射薬(エピペン)を処方されている方がいます。この方が、自分で注射できない場合は、その方に代わって投与することもあります。


救急救命士が活躍する場所

消防・自衛隊・海上保安庁・警察・病院・ホテルや娯楽施設などの多くの人が集まる施設などがあります。消防・海上保安庁・自衛隊・警察に就職するには、公務員試験を受けて合格する必要があります。
ホテルなどの多くの人が集まる施設などでも知識と技術を問われているようです。
※試験内容は受験する業種・地域によって異なりますので、事前にお調べください。


救急救命士のこれから

これまでの特定行為は心肺停止者に対するものでしたが、現在は、大出血などによる重症患者を心停止にさせないための輸液や、低血糖による脳へのダメージを軽減するためのブドウ糖溶液の投与も行えるようになりました。
これからもさらに高度化が進むことが予想され、その活躍がますます期待される専門職です。
ページの先頭へ戻る
教育方針
■教育目的
救急救命学科では、国家資格である救急救命士免許の取得のみを目的とはしていません。医療従事者として地域社会に貢献できる、人間性豊かな人材育成を目標にしています。

求める人物像

1. 社会のために何ができるかを考え、行動に移せる人
2. 救急医療に興味があり、学びたいという強い気持ちのある人
3. 国家資格を、幅広い職域で活かしたいという柔軟性のある人


教育目標

1. 専門的知識・技術及び客観的な判断力を修得する。
2. 人間性を磨き、積極的に社会貢献する態度を培う。
3. チーム医療に必要な協調性を修得する。


目指す人材像

1. 専門的知識・技術及び客観的な判断力を維持向上できる救急救命士
2. 人間性豊かで、主体的な行動力を持ち、幅広い職域で活躍できる救急救命士
3. 多様なコミュニケーション能力とチーム協調性のある救急救命士

ページの先頭へ戻る
学科の魅力

最短2年間で国家資格取得

救急救命士養成校には、4年制、3年制、そして2年制があります。同じ国家資格を取るのに、あなたならどれを選びますか?ここには国内最短の2年間で救急救命士国家資格を取得できるカリキュラムがあります。

国家試験合格率92.9%

授業の全てが国家試験対策。現場経験豊富な専任講師による授業で、教科書だけでは学べない知識も習得できます。このことで国家試験合格の「カギ」となる状況設定問題にも強くなり、国家試験にも安心して臨めます。

学生選手権5年連続総合優勝

学生選手権は、救急救命士を養成する専門学校や大学の学生が、救命技能と知識を競い合う大会です。実践的なシミュレーション実習や臨地実習の成果を発揮し、第1回大会から5年連続で「総合優勝」を収めています。

学科ムービー2018(救急救命学科編)
ページの先頭へ戻る
カリキュラム

1年次時間割(平成30年度)

前学期 救急救命学科 1年
時間割
   
1 9:00〜
10:30
キャリアデザイン
演習T
解剖生理学各論 解剖生理学総論

救命処置実習T
法医学 心理学

救急・災害医学
薬理学

微生物・感染症学
2 10:40〜
12:10
救急・災害医学

医学概論
救命処置論T 生化学

救命処置実習T
自然科学

検査診断学
人間発達学

微生物・感染症学
数理統計学

病理学
3 13:10〜
14:40
公衆衛生学

救急・災害医学
救命処置実習T   社会保障・
社会福祉論
保健体育  
4 14:50〜
16:20
         
後学期 救急救命学科 1年
時間割
   
1 9:00〜
10:30
キャリアデザイン
演習T
救命処置論U 内科学T 内科学U 環境障害・
急性中毒学
 
2 10:40〜
12:10
症候学W 症候学T 内科学V 症候学V 環境障害・
急性中毒学
母性・小児医学
3 13:10〜
14:40
症候学U 救命処置実習U 症候学X 母性・小児医学

救命処置実習U
保健体育  
4 14:50〜
16:20
高齢者・精神医学

外傷医学T
外傷医学U 救命処置実習U 外傷医学T  
※「時間割」は、変更されることがあります。

平成30年度救急救命学科カリキュラム PDF(127KB)

授業紹介

医療人育成のための多岐にわたる
基礎医学
1年次 講義では、人体の構造や機能、疾患の成り立ちと回復の過程など基本的な内容から、内科学・外科学などの具体的な内容まで、それぞれの専門講師から学びます。
1年次 実習では、これらの知識を基に心肺蘇生法、バイタルサイン(生命徴候)測定法、器具を用いた気道確保法、外傷処置法などプレホスピタルケアに必要な基礎的実技を学びます。
 
現場での実習を重ねて
迅速な対応を身につける
2年次 進級したらすぐに救命処置実習です。ここでは、病態の迅速な観察と判断、そして、特定行為などの高度な処置を学びます。
1年次 消防署、病院での実習ではそれまでに学んだ知識・技術の結びつきや必要性を実体験します。
ページの先頭へ戻る
国家試験対策
救急救命学科では正課活動以外での教育で国家試験対策や公務員試験対策を行っています。

国家試験対策

2年生になるとそのほとんどの時間を実習が占めますが、国家試験へ向けての学習も同時に開始します。消防実習や病院実習で経験する症例を基に病態理解を深めていくようにします。学力面だけでなく、メンタル面までトータルに見て判断し、対策を考えます。
・ 秋と冬に外注模試を実施します。
・ 学力差を考慮したグループ編成で学習に取り組みます。
・ 弱点科目や学習への取り組み方など、個別指導を充実させています。
・ 1年次から基礎学力の底上げを目指し、解剖生理の確認テストを実施しています。


 
<平成29年度 国家試験合否状況>
  受験者数 合格者数 合格率
本学院 28 26 92.9%
全国総合 3,015 2,562 85.0%
 

公務員試験対策

消防・自衛隊・海上保安庁・警察で勤務するには、公務員試験を突破する必要があります。
筆記試験対策としては、1年生からの継続的な学習の他に、2年生の8月に壺溪塾の先生を招き、公務員試験対策特別講座を行います。面接試験対策としては、面接シートの書き方のほか、個別に面談指導を行っています。


ページの先頭へ戻る
メッセージ

学科長から

学科長 後藤正和
救急救命士になるには体格に恵まれていなければいけないとか、女性には無理な仕事だとか思われがちですが、そんなことはありません。例えば、車の中に閉じ込められた人を救出する場合、小柄な人のほうが役に立つかもしれません。不安がっている病人に対しては、男性よりも女性のほうが優しさや安心感を伝えられるかもしれません。また、近年は就職先も広がっており病院、民間企業などに就職する卒業生も増えました。(1) 社会のために何ができるかを考え、行動に移せる人、(2) 救急医療に興味があり、学びたいという強い気持ちのある人、(3) 国家資格を、幅広い職域で活かしたいという柔軟性のある人を待っています。

⇒教員紹介

在校生から

堤内 惇さん(九州学院高校出身) 第27期/1年生
Q1.熊リハで学んで、将来どんなEMTを目指していますか?
A1.ここ熊リハで気配りなど周りを意識して生活をすることによって、将来、視野が広く気付ける人材になりたいです。そして、傷病者の気持ちになり現場で的確な判断・行動ができる救急救命士になりたいです。
Q2.熊リハに入学を決めた理由は何でしたか?
A2.中学時代から人を助ける仕事をしたいと思い救急救命士を志すようになりました。親戚3人が熊リハの卒業生ということもあり、その3人を超えるためにも熊リハを志望しました。

後藤 あすかさん(阿蘇中央高校出身) 第27期/1年生
Q1.熊リハに入学を決めた理由は何でしたか?
A1.オープンキャンパスに参加した際に先輩方が優しく、また充実した設備が多く、勉強できる環境が揃っていると思い、熊リハで救急救命士になる夢を叶えたいと思い入学を決めました。
Q2.後輩に向けてメッセージを下さい。
A2.高校時代から予習・復習をする習慣、自らで勉学に励む習慣を作った方が良いと思います。部活で忙しく、面倒だと思いますが、将来のためにも今取り組んだ方が良いと思います。

早田 颯さん(大分県宇佐高校出身) 第26期/2年生
Q1.これまでに学んだことで最も印象に残っていることを教えて下さい。
A1.救命処置が最も印象に残っています。現場では、はじめに救急救命士が処置を行うため、緊張感を持ちながら実施しなければいけません。その中で実施できた処置は達成感があり、やりがいがあります。
Q2.後輩に向けてメッセージを下さい。
A2.勉強はとても大変だと思います。私はずっと勉強が嫌いでした。今では楽しいですが、それは自分自身が目指す職業や夢のためだからです。このことを気付かせてくれたのは熊リハです。ぜひ皆さんも熊リハで一緒に勉強しましょう。

卒業生から

小佐井 鏡輔さん(熊本農業高校出身)
2010年卒業/熊本市消防局勤務
私はいま、救急隊員として救急医療の最前線で勤務しています。救急搬送した傷病者の方やそのご家族から「ありがとう」と言っていただいた時は、人の命を預かる仕事の大切さと、やりがいを改めて感じることができます。将来は、「命を救う」という熱い気持ちをもった後輩の指導ができるよう、今後さらにスキルを磨いていきたいと思います。
ページの先頭へ戻る