HOME学科紹介 > 義肢装具学科(義肢装具学科とは)
理学療法学科
作業療法学科
臨床工学学科
義肢装具学科
救急救命学科

義肢装具学科とは

学科説明

より良い義肢や装具を提供する 医療専門職

知識や技術の習得、高いコミュニケーション能力の獲得

近年、リハビリテーション医学分野を含む医療全体の高度化、専門化が進み、同時にチーム医療の重要性が高まっています。当然ながら、医師、理学療法士、作業療法士、看護師などの関連した専門職との連携は必要不可欠であり、そのような環境の中で信頼を築いていかねばなりません。義肢装具士は、より良い義肢や装具を提供する医療専門職ですが、本学科では様々な知識や技術の習得とともに、高いコミュニケーション能力の獲得も目指します。

義肢装具とは

義肢とは、身体の一部に欠損のある人に対して、その欠損を補填したり、失われた機能を代替するための器具です。装具とは、身体(体幹、腕、手、足)の機能に障害のある人に対して機能を回復させたり、筋力低下を防いだりするための器具です。

義肢装具士とは

医師の指示のもとに、義肢装具の装着部位の採寸(身体の寸法を測る)・採型(ギプスなどで身体の形をとる)・適合(出来上がった義肢・装具を身体に合うように調整する)を行います。

義肢装具士のこれから

義肢装具士は、障害を持つ人々が義肢や装具を必要とするときに活躍する仕事です。特に、身体と機器(義肢、装具、杖、車椅子等)が接触する部分、いわゆるインターフェースとなる部分を身体に適合させることのプロフェッショナルです。国内で義肢装具士が就職し働く場所は主に義肢装具の製作所ですが、義肢装具を使用する人々が活躍する所では大きく関ってくることもあります。それは、義肢装具を使用して、スポーツをする障害のある人々のためであったり、プロスポーツの世界であるかもしれません。

得られる資格

「取得可能な資格として、在学中から福祉住環境コーディネーター2級の資格取得を目指しています。他にも卒業と同時に受験資格を得られる2級技能士(義肢製作・装具製作)、ケアマネージャーなどをがあります。またエジプト・チリ・ドミニカなど青年海外協力隊への参加実績もあります。」
ページの先頭へ戻る
教育方針
■教育目的
義肢装具学科では国家試験に合格することはもちろんのこと、知識と技術をより向上させることで専門職業人として活躍できる人材の育成を考えています。 平成16年度にカリキュラムが大綱化されたことによって柔軟な学習プログラムを作成することができるようになりました。現在、以下の4項目をキーワードとして本学科の教育活動を行っています。

■教育目標

基礎知識習得の徹底   多面的教育と問題解決能力の習得
1年次に習得する基礎医学系科目や工学系科目は、義肢装具を理解する上で非常に重要な基礎となります。小テストの実施はもちろんのこと、演習形式のグループ学習も取り 義肢装具に対する医学的、工学的考察の方法も様々です。専門科目の中ではそれらについて教育するとともに、問題解決能力を高める教育を目指します。
入れ教育を行っています。また、学生の習熟度に応じて補講等を行い、学生全員のレベル向上を目標としています。 また、実際の現場で活躍している卒業生に講義を依頼し、臨床的な立場からの指導をお願いしています。その他、自発的な学習を促す専門科目セミナーや関連学会、研修会等への参加は義肢装具学をより深く理解することを目標にしています。
 
社会のニーズに即した人材の育成   国家資格
資質の高い専門職業人として何が求められているのか可能な限り情報収集を行い、具体的な教育活動として生かすことで、日進月歩する技術発展に対応できるように努めていま 国家試験合格は本学科にとって最も重要な目標です。これまでに述べてきた教育活動は、学生の国家試験合格への意欲を高めるためのものでもあります。
す。また、医療人としての人間的成長を促すといった点についても、その指導方法を含めて考えていきます。 現在までの実績と経験から、国家試験合格のために為すべき事柄、達成すべき学習レベルがかなり明確になってきています。 本学科における目標は、徹底した指導を行うことで入学以前に苦手だった科目についての克服を第一歩とし、専門科目のための礎をつくります。また、基礎だけを重要視すると、学生の国家試験に対する意識付けが不足する傾向もあるようなので、1年次から国家試験形式の問題を用いた学習も行っています。そして、 3年次には模擬試験形式の国家試験対策を主に行っています。
ページの先頭へ戻る
カリキュラム
  科目名 単位数
1学年 2学年 3学年



物理学 2    
数理統計学 2    
英語 2    
医学専門用語   2  
心理学 1    
人間発達学 1    
保健体育 2    
美学   1  
コミュニケーション論 1    
基礎分野 合計 11 3 0





医学概論 1    
解剖学T 2    
解剖学U 1    
生理学 2    
運動学T 1    
運動学U 1    
運動学V 1    
運動学W 1    
運動学演習   1  
機能解剖学   2  
機能解剖学演習   1  
一般臨床医学   1  
臨床神経学   2  
整形外科学T   1  
整形外科学U   2  
臨床心理学 1    
病理学   2  
社会福祉学 1    
公衆衛生学 1    
リハビリテーション医学   2  
リハビリテーション特論     1
社会保障論     1
福祉用具学     1
図学・製図学 1    
機構学 2    
情報処理演習 1    
義肢装具材料学 2    
義肢装具材料力学 2    
リハビリテーション工学     2
専門基礎分野 合計 21 14 5



義肢装具学概論 1    
義肢装具基本工作論T 3    
義肢装具基本工作論U 2    
装具学演習T   1  
装具学演習U     1
義肢装具生体力学 1    
体幹装具学T 3    
下肢装具学T   3  
義足学T   3  
特殊装具学T   1  
下肢装具学U   3  
上肢装具学     2
義手学   1  
義足学U   3  
体幹装具学U     2
下肢装具学V     2
特殊装具学U     1
義足学V     4
義足学W     1
卒業研究     2
臨床実習T   4  
臨床実習U     6
専門分野 合計 10 19 21
  総計 42 36 26


基礎的な義肢装具学の習得により
人体の構造や機能を理解
人間的成長を促す教養科目、靭帯の構造や機能などを学ぶ基礎医学、義肢装具に関連る基礎工学を中心に学びます。また学内実習では、機械の扱い方、基本的な工作方法等の学習を行います。
1年次
 
臨床的な側面を捉えながらの
ステップアップ
義肢装具が適応となる疾患に関する理解や、臨床的な義肢装具の適合技術の習得が中心になります。学生同士や実際に義肢を装着されている方々にモデルをお願いして、採寸、採型、適合といった臨床的技術を学びます。また、学外で行う約6週間の臨床実習があり、経験豊かな義肢装具士から指導を仰ぎます。
2年次
 
より臨床な要素を高めた
知識の習得
約7割が製作実習に当てられます。学内外の実習では、理論と実際の結びつき、技術やコミュニケーションの大切さ、思いやりの気持ちなど、リハビリテーションスタッフとしての心構えを育てます。卒業研究では義肢装具に関する研究の思考や方法を学び、同時に義肢装具士国家試験合格に向けて、総合的な学習を進めます。
3年次
 
ページの先頭へ戻る
国家試験対策
国家試験合格を目指してのサポート
3年生を対象として、国家試験対策を行っています。
国家試験までに自分のノートを作成していきます。自分で辞書や文献などで調べる努力が記憶へとつながって行く、この過程が重要です。過去問題を多数解くことで、問題の傾向や重要なポイントを見つけ、また同時に試験に慣れることによって、国家試験当日も緊張することなく、実力を発揮できるようになります。
また国家試験に向けて、義肢装具士の養成校共通の模擬試験を開催しています。これにより、その年の国家試験受験予定者の中での位置づけを確認でき、国家試験に対する学習意欲の向上を目指します。


■国家試験対策のタイムスケジュール
▼ 4月 国家資格と試験に関するオリエンテーション
前回(その年)の国家試験を模擬試験形式で行い、自分の実力の確認。
▼ 5月〜6月 臨床実習が始まる前に、国家試験の過去問題に関して問題を収集し、実習中に回答・確認できるようにする。
▼ 7月〜8月 過去の国家試験問題をすべて確認済みの状態を目指す。
▼ 9月〜12月 国家試験対策開始。
さまざまな関連職種の国家試験問題を各分野に分け、これを毎週100問ずつ模擬試験形式で行います。終了した問題については、模範解答を作成すると共に、問題に関連する内容および参考文献・資料などをノートにまとめ、国家試験までに自分のノートを製作していきます。
▼ 1月〜2月 最終的な確認作業、全国統一模擬試験の受験、専任講師による各専門分野の講義等が行われます。
▼ 3月 国家試験