HOME入試情報 > オープンキャンパス
オープンキャンパス
平成29年度オープンキャンパスの全日程が終了しました。
多くの皆さまにご参加いただき、ありがとうございました。

学院見学は、随時受け付けをしておりますので、ご希望の方はご連絡ください。
TEL:096-389-1133
オープンキャンパスの様子
送迎バス・受付
熊本県内各地より送迎バス(スクールバス)を運行しました。また、学生用駐車場もありますので、自家用車での通学もできます。
 
送迎バスを利用しての参加です 受付では学生がお出迎え
イントロダクション
「熊リハにしかない、熊リハだからこそ…」という魅力を知っていただくために、オープンキャンパスの楽しみ方を、学生の視点からプレゼンテーションしました。
 
オープンキャンパスの楽しみ方を紹介 真剣な眼差しを見せる参加者のみなさん
理学療法学科の様子
理学療法士は、ケガや障がいに対して、運動療法や物理療法を用いて治療を行い動作の改善や回復を図ります。また、障がいを持つ人に限らず、健康増進や維持を目的に指導や助言を行います。今回は理学療法の一部を紹介し、理学療法についての理解を少し深めていただきました。
 
足首のテーピング体験 筋電図で筋肉の活動を観察
作業療法学科の様子
人は日常生活の中で何らかの作業活動(食事・更衣・入浴など)を行っています。しかしその能力が発揮できない場合、どうすればその人らしい豊かな生活を送ることができるようになるのかを、体験コーナーと交流会コーナーにおいて、作業療法の役割とともにご紹介いたしました。
 
食事の時に役立つ自助具づくり 作った自助具で食事体験
臨床工学学科の様子
「臨床工学技士ってどんなお仕事なの?」、「どんな医療機器を扱っているの?」こんな疑問に応えるべく、病院内で実際に使っている医療機器を見て、触れて、体験することで、臨床工学技士の仕事について学んでいただきました。
 
「模擬手術室」でお仕事体験 モニター心電図体験
義肢装具学科の様子
日常、あまり目にすることのない義肢装具。「義肢なんて見たこともない」という方も多かったのではないでしょうか?今回は、そんな義肢装具にたくさん触れていただき、その機能についてご紹介いたしました。
 
筋電義手の操作を体験 義足の組み立てに挑戦中
救急救命学科の様子
在校生によるデモンストレーションや救急救命処置体験をとおして、救急救命士が活躍する場面や役割を知っていただきました。
 
講義・実習等、学生生活の紹介 救急救命処置体験(薬剤投与)
救急救命学科の様子
在校生によるデモンストレーションや救急救命処置体験をとおして、救急救命士が活躍する場面や役割を知っていただきました。
 
講義・実習等、学生生活の紹介 救急救命処置体験(薬剤投与)
学院説明会
本学院の教育の特長や魅力、募集要項案内、特待生制度・奨学金制度、スクールバス運行など、みなさんの「もっと知りたい」にお応えしました。
 
学院長からのメッセージ 教育部長からの学院の魅力紹介