HOME学院案内 > 同窓会
同窓会
麒麟倶楽部
「麒麟倶楽部」は、熊本リハビリテーション学院の第1期生によって卒業の際に設立されました。
「麒麟倶楽部」の名称も第1期生によって命名されています。それから34年、熊本総合医療リハビリテーション学院と共に歩み続けています。

(※臨床工学学科卒業生、義肢装具学科卒業生、救急救命学科卒業生は、当学院同窓会「白眉会」になります。)

「麒麟」には一夜に千里駆けるという「中国の麒麟説」、ずば抜けて卓越した技術の持ち主である「麒麟児説」もあり、熊本総合医療リハビリテーション学院とその卒業生が、人格・技術共に力強く発展していけるようにという願いが込められています。
麒麟倶楽部の概要
1.目的
この会は、熊本リハビリテーション学院卒業者としての人格の陶冶を図り、倫理意識および学術的技術の向上を相互に啓発すると同時に、会員間の親睦を図り、また後進の育成に協力することにより母校の発展に貢献、また寄与する事を目的とする。

2.会員数
理学療法学科卒業生1,089名
作業療法学科卒業生1,054名
計2,143名(平成28年4月現在)

3.事業
1)理学療法、作業療法分野における学術技能の振興に関する事項
2)各関係校同窓会との交流に関する事項
3)学院の近況及び卒業者の消息の連絡及び連絡のための刊行物の発行ならびに調査などに関する事項
4)その他、この会の目的を達成するために必要な事項

白眉会
熊本総合医療リハビリテーション学院同窓会(臨床工学学科卒業生、義肢装具学科卒業生、救急救命学科卒業生)「白眉会」は、熊本総合医療福祉学院(旧校名)第1期生の卒業時(平成3年度)に設立されました。
平成22年4月に熊本リハビリテーション学院と熊本総合医療福祉学院の統合により学院名が熊本総合医療リハビリテーション学院に変更となりましたが「白眉会」は今後も当学院と共に歩み続けていきます。

(※理学療法学科卒業生、作業療法学科卒業生は当学院同窓会「麒麟倶楽部」となります)
「白眉会」命名について
白眉とは中国の三国志時代の「蜀書(馬良伝)」の故事からきている言葉です。
三国時代の蜀に優秀な5人兄弟がいました。その兄弟の中でも「馬良」が最も優れていて、馬良の眉毛に白い毛(白眉)があったことから、 数ある中の特に優れたものを指すときに白眉という言葉を使われるようになりました。
「白眉会」とはこのような意味があり、当学院の卒業生が秀でた能力を発揮する白眉のような存在になって欲しいという願いから命名されました。
白眉会の概要
1.目的
この会は熊本総合医療リハビリテーション学院(臨床工学学科、義肢装具学科、救急救命学科)卒業者が相互に、その人格及び技術の向上を目指すとともに、親睦をはかり、母校の発展に寄与することを目的とする。

2.会員数
臨床工学学科卒業生 965名
義肢装具学科卒業生 440名
救急救命学科卒業生 910名
計2,315名(平成28年4月現在)

3.事業
1)履修各分野における学術・技能の振興に関する事項
2)関係同種校同窓会との交流に関する事項
3)学院の近況及び卒業者の消息の連絡のための刊行物等の発行に関する事項
4)その他、この会の目的を達成するために必要な事項