HOME学科紹介 > 臨床工学学科(臨床工学学科とは)
理学療法学科
作業療法学科
臨床工学学科
義肢装具学科
救急救命学科
臨床工学学科とは
学科説明

信頼・安心できる医療を行うための 医療機器のスペシャリスト

医用機器のすぐ向こう側には患者さんの大切な命が委ねられている!

医学の進歩は著しく、臨床の現場にはより高度な医用機器が導入され、それらの機器なしでは近代医療は成り立たなくなっていると言っても過言ではありません。医用機器は、患者さんの大切な生命まで救えるようになりましたが、時には医療事故につながる危険性もはらんでいます。そこで、「信頼・安心できる医療」を行う為に医用機器のスペシャリストとして「臨床工学技士」が誕生し、現代の高度化する医療を支えています。

臨床工学技士とは

『医師の指示の下に、生命維持管理装置の操作および保守点検を行う』医学と工学の両方の知識を兼ね備えた医療専門職です。 治療の状況に合わせて機器を操作し、患者さんの生命を安全に守っているスペシャリストが「臨床工学技士」です。

生命維持管理装置の種類

人の体には、生命維持に欠くことができない「呼吸」「循環」「代謝」の機能があります。これらの機能が何らかの原因で、うまく働かなくなったときに、その機能の一部を代替する医用機器を『生命維持管理装置』と呼びます。臨床工学技士が操作する主な生命維持管理装置には以下のものがあります。

人工呼吸器 人工呼吸器

何らかの原因で、自分で呼吸(酸素を取り込み、二酸化炭素を吐き出す)ができない患者さんに、人工的に補助または代行する 機器を「人工呼吸器」と言います。

  人工心肺装置 人工心肺装置

心臓の手術の時に、拍動している心臓を切開することは困難です。そのため、開心術を行うためには、心臓を一時的に止める必要があります。その間、心臓と肺の働きを一時的に代行する機器を「人工心肺装置」と言います。

血液浄化(透析)装置 血液浄化(透析)装置

腎臓の機能が低下した時、尿が作れなくなり体内(血液)に老廃物がたまってしまいます。そこで、患者さんの血液を、透析器(ダイアライザ)に通し、血液中の老廃物を除去して、血液をきれいにする機器を 「血液浄化(透析)装置」と言います。

  ペースメーカ ペースメーカ

心臓は必要な血液量を全身に送り出すために、一定のリズムで収縮します。なんらかの原因で、患者さんの心臓の拍動が途切れたりした時に、正常なリズムで拍動させることを助ける機器を「ペースメーカ」と言います。

高気圧酸素治療装置 高気圧酸素治療装置

ガス中毒や潜水病などで低酸素になった時、高い気圧環境の中に患者さんを収容し、高濃度の酸素を吸入させる機器を「高気圧酸素治療装置」と言います。

     

臨床工学技士の就職・業務

■病院・クリニック
手術室や集中治療室(ICU)、救急救命センター、透析室、高気圧治療室、心臓カテーテル検査室、内視鏡検査室、ME(医用工学)機器センターなどに勤務し、生命維持管理装置の操作や保守点検の業務のみならず、最近では眼科・整形外科の分野にも進出しています。
■医用機器関連メーカー
医師や看護師に製品の取り扱い方法の指導や、最新の医療情報の提供を行います。また製品の開発等にも従事しています。
■教育研究機関
臨床工学技士養成校などの教員として教育に携わります。

臨床工学技士のこれから

「臨床工学技士」は、医学から工学までの幅広い知識が必要とされます。それを学ぶには決して安易ではありません。しかし、それだけにやり甲斐がある職種です。
これから先も医学は進歩し、新たな医用機器が開発され、ますます臨床工学技士の活躍のフィールドは広がっていきます。医療の現場では、専門知識を持った、“医用機器のスペシャリスト”が必要とされています。
ページの先頭へ戻る
教育方針
■教育目的
本学科は、信頼される医療人としての豊かな「心」と、優秀な「技術」を身につけた臨床工学技士を育成する為に次の教育目標を掲げています。

求める人物像

1. 人を思いやる心を持ち、その気持ちを行動に移せる人
2. 正義正しさと協調性を大切にできる人
3. 何事にも好奇心を持っている人


教育目標

1. 確かな知識と高度な技術で、幅広い領域で活躍できる臨床工学技士を育成する。
2. 医療人としての高い倫理観と情意を身につけ、人として豊かな心を育む。
3. 臨床工学技士国家資格を全員が取得する。


目指す人材像

1. 医療倫理と規範意識を持ち、地域や社会に貢献する臨床工学技士
2. 必要とされる専門的知識・技術・技能の向上を目指す臨床工学技士
3. チーム医療の一員として、高いコミュニケーション力を発揮する臨床工学技士

ページの先頭へ戻る
学科の魅力

確実な国家資格取得

毎年、全国トップレベルの国家試験合格率を達成しています。学科独自に実施する対策講義や模擬試験に加え、小グループによるきめ細かな指導で、確実に国家資格取得へと導きます。

安心の就職率100%

キャリア教育の講義・実施を取り入れ、就職試験を想定した一般常識などの筆記試験対策と、個人の特性を活かした面接指導で、すべての学生が安心して就職活動に臨むことができます。

全員で向上する人間力

進級・卒業・資格取得の目標に向かって全員で協力しながら取り組むことで、目標を達成する力と協調性を養い、チーム医療の中で求められる医療専門職として必要な人間力を育みます。

学科ムービー2018(臨床工学学科編)
ページの先頭へ戻る
カリキュラム

1年次時間割(平成30年度)

前学期 臨床工学学科 1年
時間割
   
1 9:00〜
10:30
数学 医科学講座 英語 医学概論

チーム医療論
医用生体工学概論 内科・外科学
2 10:40〜
12:10
システム・情報処理工学 電子工学T 血液浄化装置学T 接遇マナー・人間学 生物化学

心理学
3 13:10〜
14:40
解剖生理 文章学

内科・外科学
LHR 医学用語学

臨床生化学
電気工学T  
4 14:50〜
16:20
公衆衛生学

医学用語学
内科・外科学 看護学概論 物理学 保健体育  
後学期 臨床工学学科 1年
時間割
   
1 9:00〜
10:30
計測工学 関係法規

血液感染学
LHR 理工学演習T 応用数学 病理学概論
2 10:40〜
12:10
血液浄化装置学T ME対策 医用生体工学概論 医科学講座 電子工学U 解剖生理
3 13:10〜
14:40
電気工学U 電気数理学   システム・情報処理工学 理工学講座

血液感染学
 
4 14:50〜
16:20
神経学       保健体育  
※「時間割」は、変更されることがあります。

平成30年度臨床工学学科カリキュラム PDF(136KB)

授業紹介

医学と工学の基礎を学ぶと共に
心温かい人間性を育む
1年次 医療人としての一般教養的な基礎科目、医学・工学の基礎となる専門基礎科目を学びます。カリキュラムに「接遇・マナー」「文章学」などを取り入れ、一般社会の常識を習得します。また、知識や技術だけでなく、医療に携わる者として「人の痛み」が理解できる心を養いコミュニケーション能力を身に付けます。
 
基礎的な知識を
さらに確かな技術へ
2年次 専門分野をより広くより深く学習し、実際に医用機器に触れながら、その構造や安全性について理解を深めます。学年末には、希望して選ばれた学生が臨床現場で短期間の実習を行い、3年次の臨床実習にそなえます。
 
臨床工学技士になるための
総仕上げ
3年次 2年間で身につけてきた知識と技術をフルに活用し、臨床実習、国家試験に挑みます。長期間の臨床実習では、これまでの学習の成果を発揮し、高い論理的思考と深い洞察力を兼ね備えた臨床工学技士を育てます。また、国家試験に向けて総復習を行い、確実な合格を目指します。
ページの先頭へ戻る
国家試験対策
国家試験に合格することは、学生全員の目標であり、臨床工学技士としてスタートラインに立つことです。卒業生の100%国家試験合格率を目指し、講師陣が全力でバックアップしていきます。本学院のこれまでの国家試験の合格率は、全国平均に比べ高い水準を維持しています。

≪国家試験合否状況≫ ※新卒者のみ
  平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度
受験者数 43名 36名 38名 36名 38名
合格者数 43名 36名 38名 36名 37名
合格率 100% 100% 100% 100% 97.4%
全国平均合格率 78.8% 83.2% 72.5% 81.9% 73.7%

早い時期からの国家試験対策

1・2年生の早い時期から国家試験に触れ、各講義を学ぶ必要性を理解し、学習意欲の向上を目指します。

模擬試験による実力アップ

本学院では、多くの模擬試験を実施しています。過去に出題された問題はもちろん、日本臨床工学技士施設協議会で作成された全国統一模擬試験、本学院オリジナルの模擬試験など、数多くの問題を解くことで、実力アップを目指します。

きめ細かな指導

本学院独自に作成した分野別対策プリントを使用し、徹底的に出題ポイントを勉強していきます。また、学生一人ひとりの能力に合わせた各種ゼミや少人数制によるグループ学習、個別指導による弱点克服などを行い、放課後に補講を行い学生全員の合格を目指します。

個人の能力に合わせて弱点克服少人数制によるグループ学習
ページの先頭へ戻る
メッセージ

学科長から

学科長 藤井 裕
努力して目標を達成した時の喜びが、人生を楽しくしてくれます。目標を高く設定して、楽しく勉強しましょう。合言葉は「どうせやるなら日本一」

⇒教員紹介

在校生から

下川床 祐貴(指宿高等学校)
Q1.あなたが思う熊リハの「ここがイチバン!/ここがイチオシ!」を一つ紹介して下さい。
A1.勉強では基礎からしっかり学ぶことができる。
Q2. 後輩に向けてメッセージを下さい。
A2. 勉強、部活、行事と充実している熊リハを進路の1つとして考えてみてはいかがですか!

卒業生から

園田 佳奈さん(宮崎県/都城工業高等専門学校出身)
2015年卒業/熊本大学医学部附属病院勤務
熊リハでの学びは、実習経験を豊富に積めるということはもちろんですが、在学中からチーム医療の大切さを学ぶことができる環境にあることも強みと感じています。
学生行事やサークル活動を通じた交流で築いた人の和は、大きな財産となっています。
また就職の際のサポートも手厚く、先輩方が受けられた病院の就職試験内容や、親身にサポートしてくださる先生方との面接の練習を受け、準備万端で就職試験に臨むことができました。
今は血液浄化部門での業務を行ってます。患者様が手術後に少しずつ回復されていく過程に立ち会わせていただくことが多く、元気になって退院される患者様の笑顔と言葉に、こちらが元気をもらっています。まだまだ学ぶことはたくさんありますが、患者様はもちろん、医師や看護師にも頼ってもらえる臨床工学技士になる事が現在の目標です。
熊リハで学んだ技術、人の和を活かしてこれからも目標に向かって頑張ります。
ページの先頭へ戻る