HOME学科紹介救急救命学科 > 教員紹介
理学療法学科
作業療法学科
臨床工学学科
義肢装具学科
救急救命学科
救急救命学科
救急救命学科 MENU

教員紹介

学科長
後藤 正和 MASAKAZU GOTO
医療資格: 救急救命士
略歴: 航空自衛隊航空交通管制隊(石川県)、
八代広域行政事務組合消防本部(熊本県)、
熊本総合医療リハビリテーション学院救急救命学科、
帝京大学福岡医療技術学部医療技術学科救急救命士コースを経て現職
社会活動: (一社)全国救急救命士教育施設協議会 理事
(一社)全国救急救命士教育施設協議会 認定教員
(一社)日本病院前救急救命学会 評議員
(一社)日本臨床救急医学会 会員
(一社)日本集団災害医学会 会員
(一社)日本救護救急財団 会員
日本救急医学会九州地方会 会員
日本医療教授システム学会 会員
JPTEC九州 副事務局長/世話人
JPTECインストラクター
MCLSインストラクター/世話人
AMLSインストラクター
ICLSインストラクター
担当授業: キャリアデザイン演習T、外傷医学U、救命処置実習T・U、救命処置実習、シミュレーション実習
COMMENT
救急救命士になるには体格に恵まれていなければいけないとか、女性には無理な仕事だとか思われがちですが、そんなことはありません。例えば、車の中に閉じ込められた人を救出する場合、小柄な人のほうが役に立つかもしれません。不安がっている病人に対しては、男性よりも女性のほうが優しさや安心感を伝えられるかもしれません。また、近年は就職先も広がっており病院、民間企業などに就職する卒業生も増えました。
(1) 社会のために何ができるかを考え、行動に移せる人、(2) 救急医療に興味があり、学びたいという強い気持ちのある人、(3) 国家資格を、幅広い職域で活かしたいという柔軟性のある人を待っています。
主任講師
岩永 ひとみ HITOMI IWANAGA
医療資格: 救急救命士
看護師
略歴: 国立熊本病院(現:国立病院機構熊本医療センター)看護部を経て現職
社会活動: (一社)全国救急救命士教育施設協議会 幹事
(一社)全国救急救命士教育施設協議会 認定教員
(一社)日本ヨーガ療法学会
担当授業: キャリアデザイン演習T、医学概論、検査診断学、救命処置論T・U、症候学V・W、内科学V、高齢者・精神医学、総合病態生理、総合疾病救急医学、施設実習
COMMENT
医療の現場から学生教育の場へ仕事の環境は変わりましたが、ひとと関わることに変わりはなく、”学生本位”を幹に仕事に従事しています。学生がなるべく多くの学びを得るために、「ストレスをため込むことなく、安全に実習ができ、安心して学べる」そういう環境を提供することが役目だと思っています。また、看護師の経験を大いに発揮し、心豊かな人材を育てることを目標に、これからも学生と一緒に成長していきたいと思います。
専任講師
藤岡 晴美 HARUMI FUJIOKA
医療資格: 救急救命士
看護師
略歴: 熊本赤十字病院看護部を経て現職
社会活動: (一社)全国救急救命士教育施設協議会 認定教員
ITLSインストラクター
担当授業: キャリアデザイン演習T、解剖生理学各論、救命処置論T、症候学T・U・X、内科学T・U、母性・小児医学、総合病態生理、総合疾病救急医学、病院実習
COMMENT
「明るく元気な救急救命学科」をモットーに、日々学生と向き合って話すことを心がけています。人の命に携わる職業に就くには、高度な知識や技術を身につけなければいけません。けれども、大事なのは「人間愛」です。人との関わり合いを通して、社会人として成長できるよう、今までの経験を活かしサポートできたらと思っていいます。
専任講師
大岩 泰斗 YASUTO OOIWA
医療資格: 救急救命士
略歴: 熊本総合医療福祉学院(現:本学院)救急救命学科第14期、
東京消防庁を経て現職
社会活動: JPTECプロバイダー
MCLSプロバイダー
担当授業: キャリアデザイン演習T、救急・災害医学、環境障害・急性中毒学、救命処置実習T・U、総合病態生理、総合疾病救急医学、救命処置実習、シミュレーション実習、病院実習
COMMENT
実際に救急の現場で、救急隊員として救急救命士として見てきたもの、感じてきたものを講義や実習を通して学生に伝えていきたいと思っています。救急救命士の仕事は生易しいものではありません。しかし、その分やりがいのある素晴らしい仕事です。救急現場の緊迫した中で的確に判断し、適切な処置ができるように、そして、しっかりと傷病者と向き合うことのできる、そんな救急救命士を育てるべく、学生と一緒に頑張っていきたいと思います。
専任講師
仮屋 俊作 KARIYA SHUNSAKU
医療資格: 救急救命士
略歴: 熊本総合医療福祉学院(現:本学院)救急救命学科第16期、
伊佐湧水消防組合消防本部(鹿児島県)を経て現職
社会活動: JPTECインストラクター
MCLSインストラクター
ICLSアシスタントインストラクター
担当授業: キャリアデザイン演習T、救急・災害医学、環境障害・急性中毒学、救命処置実習T・U、総合病態生理、総合疾病救急医学、救命処置実習、シミュレーション実習、消防実習
COMMENT
私は当学院を卒業後、消防職員となり救急現場を踏むことができました。現場は即戦力となる人材を望んでいます。国家資格取得はさる事ながら現場で通用する人材育成にも努めていかなければならないと思っています。
当学院の先輩として後輩に時には厳しく指導していき、悔いのないように一緒に仕事をしたい救急救命士(後輩)を養成していきます。