HOME学科紹介 > 作業療法学科(作業療法学科とは)
理学療法学科
作業療法学科
臨床工学学科
義肢装具学科
救急救命学科

作業療法学科とは

学科説明

誠実さと頼もしい精神で人々を支える

学習段階に対応した実習カリキュラムによる基本的臨床実践能力の獲得

本学科では、作業療法実践に必要な疾病や健康、心身の機能や構造、生活活動や社会参加、価値観、作業活動などに関する幅広い知識や技術、同時に社会人としての姿勢や態度、科学的な思考性を4年間で身につけます。講義や演習、臨床実習を通して、脳卒中・気分障害・自閉症・認知症などの疾患により障害を抱える方々の、評価から治療援助にいたる作業療法プロセスを学び、質の高いサービスを提供できる作業療法士養成を目指しています。

作業療法士とは

作業療法士は、乳幼児から高齢者まで生活に障害を持つ方々の、自立生活の実現を支援するリハビリテーション領域の専門職(国家資格)です。作業療法では、身体や精神に良好な影響を与える日常の生活やあそび、仕事などの作業活動による働きかけを行い、対象者が充実した生活をおくることができるように治療・指導・援助を行います。

作業活動   日常生活活動の自立支援
分析した作業活動を治療に利用する 適した自助具の製作や選定により生活の自立を図る
 
発達を促進するあそび    
楽しいあそびを通してこどもの発達を図る    
ページの先頭へ戻る
教育方針
■教育目的
作業療法士は、乳幼児から高齢者まで生活に障害を持つ方々の、自立生活の実現を支援するリハビリテーション領域の専門職(国家資格)です。作業療法では、身体や精神に良好な影響を与える日常の生活やあそび、仕事などの作業活動による働きかけを行い、対象者が充実した生活をおくることができるように治療・指導・援助を行います。

求める人物像

1. 人の心や体、生活に関心がある人
2. 物事を素直にとらえ、進んで行動できる人
3. 自分の経験や特技を仕事に活かしたいと思っている人


教育目標

1. 作業療法に関する専門知識と技術の習得
2. 生活機能の回復を阻害している因子を的確に判断できる評価力の習得
3. 対象者に信頼される医療専門職業人としての基本的態度の具備


目指す人材像

1. 高い倫理観をもって、対象者の人生に寄り添い、生活を総合的に支えることができる作業療法士
2. よりよい作業療法を提供できるため,自ら学び続ける態度を身に付けた作業療法士
3. 聴く力、考える力、伝える力を身に付け、対象者とその家族、社会に貢献できる作業療法士

ページの先頭へ戻る
学科の魅力

信頼に基づく就職率 100%

全国から寄せられる求人数は、約2000名。就職率は、学院が開校して以来、培われた信頼に基づき毎年100%です。年に2回の就職説明会の開催や面接指導、就職に有利な関連資格取得のサポートを行っています。

国家試験合格率 約92%*

1年生から国家資格取得を目指した丁寧な学習サポートで安心して学ぶことができます。37年間の教育実績に裏付けされた、熊リハ版国家試験対策により、国家資格取得を確実にします。
*平成15年からの平均合格率

資格取得までの丁寧かつ細やかで温かい支援

7名の専任講師の豊富な臨床経験と教育や研究の実績を生かし、丁寧な日々の授業や学習支援,実習期間中の親身になった訪問指導,国家資格取得まで温かい支援をしています。6名が日本作業療法士協会臨床実習指導者研修修了者として登録されています。

学科ムービー2018(作業療法学科編)
ページの先頭へ戻る
カリキュラム

1年次時間割(平成30年度)

前学期 作業療法学科 1年
時間割
   
1 9:00〜
10:30
解剖学U 文学 基礎作業療法学
演習T
  解剖学T リハビリテーション
医学概論
2 10:40〜
12:10
英語   保健体育 心理学 自然科学U  
3 13:10〜
14:40
作業療法概論 生理学T   自然科学T 解剖学T  
4 14:50〜
16:20
運動学 作業療法評価学T   医学倫理・
職業倫理学
生理学T  
後学期 作業療法学科 1年
時間割
   
1 9:00〜
10:30
    基礎作業療法学
演習T
ファシリテーション演習T 人間発達学  
2 10:40〜
12:10
臨床心理学 生理学U 解剖学U 解剖学T 作業療法評価学T 神経内科学T
3 13:10〜
14:40
公衆衛生学     解剖学演習 生理学U  
4 14:50〜
16:20
運動学 精神医学T   解剖学T  
※「時間割」は、変更されることがあります。

平成30年度作業療法学科カリキュラム PDF(142KB)

授業紹介

基礎医学の学習を中心に
こころとからだについての理解
1年次 作業療法士に必要な科学的思考の基盤や人間と生活に関する知識、基礎医学を中心に人体の機能と構造および心身の発達、保健・医療・福祉とリハビリテーションの理念、作業療法の概要について学習します。
 
ひとの生活や健康
障害についての理解
2年次 疾病や心身の機能と障害、日常的にくりかえされる生活活動や社会参加について、講義・演習により理解を深めます。また作業療法の特徴である作業活動を体験し、その方法や治療への応用について学習します。
 
対象者をイメージした作業療法評価と
治療・指導・援助の学習
3年次 対象者に関する具体的な作業療法評価と治療・指導・援助について学習します。対象疾患や領域(身体・精神・発達・老年期・高次脳機能)をイメージしながら、総合臨床実習に向けて自己課題を明確化し解決していきます。後半には、身体機能系および精神機能系の各3週間にわたる評価実習により、対象者の全体像と課題を把握します。
 
臨床実習による知識・技術の統合と卒業研究
国家試験対策
4年次 身体障害、精神障害、発達障害、老年期障害など複数の領域における臨床実習体験により、これまでの学内での知識・技術を統合し、作業療法実践能力を高めます。
また、卒業研究に取り組み、その後は国家試験受験に向けたグループ学習や模擬試験などにより、国家試験合格を目指します。


・見学実習I(身体機能系):(1週間)  見学実習II(精神機能系):(1週間)
作業療法士の業務全般を理解することと、作業療法の対象である身体および精神に障害をもつ方について理解を深めます。

・評価実習I(身体機能系):(3週間)  評価実習II(精神機能系):(3週間)
対象者を担当し、面接・観察・情報収集・検査測定により、対象者の全体像の理解と課題の抽出、目標設定、作業療法計画を立案します。

・総合臨床実習I〜III:(21週間)
身体障害・精神障害・発達障害・老年期障害の領域から3領域を選択し、評価・治療計画の立案・治療の実施、再評価により作業療法の成果を確認する一連の過程を体験します。
ページの先頭へ戻る
国家試験対策
作業療法学科では、1年次より国家試験対策を実施しています。
最終学年である4年次からは本格的に国家試験対策を開始し、1年を通じて模擬試験、小グループでの学習、国家試験対策のための特別講義などを行いながら、3月には全員が国家試験に合格できるよう講師全員でバックアップしていきます。

国家試験対策のタイムスケジュール

▼ 4月 模擬試験 第1回
▼ 6月 模擬試験 第2回
▼ 8月 模擬試験 第3回
▼ 10月 模擬試験 第4回
▼ 11月 グループ学習開始
▼ 12月 模擬試験 第5回
▼ 1月 業者模試 第1回
▼ 2月 業者模試 第2回
▼ 2月下旬 国家試験
▼ 3月下旬 国家試験合格発表
ページの先頭へ戻る
メッセージ

学科長から

学科長 木 勝隆
『青は藍より出でて藍より青し』学院で学んだことを礎に大きく飛躍出来る作業療法士をあなたも、熊本総合医療リハビリテーション学院で目指してみませんか。

⇒教員紹介

在校生から

松野凪沙さん (八代清流高校出身)
Q1.作業療法士を目指したきっかけは何ですか?
A1.中学生のときに職場体験があり、その際に作業療法士の方が患者さんに真剣に向き合い対応する姿を見て、私もこんなにかっこいい職業に就いてみたいと思ったことが作業療法士を目指したきっかけです。
Q2.熊リハに入学を決めた理由は何ですか?
A2.様々な学校のオープンキャンパスに参加する中で、一番先生と生徒の距離が近く、先輩方も優しくて学びやすい環境だと思ったからです。

卒業生から

坂本亜沙美さん (矢部高校出身)
2013年卒業/医療法人杏章会 矢部広域病院
将来について考えている時に、知人の紹介で病院を見学させていただく機会がありまし。そこで患者様の入院から退院、退院後の生活まで親身にフォローしている作業療法士の姿を見て、日々の生活の変化を患者様と一緒に感じることのできる作業療法士という仕事に惹かれました。元々、勉強が得意ではなかったこともあり、熊リハ在学中は作業療法士になるために必死で勉強していました。
そんな私の姿を見た先生方に、夜遅くまで親身になってサポートしていただいたことは今でも感謝しています。
念願の作業療法士となった今は、患者様の心の安定と体の健康、患者様が自分らしくいきいきと過ごせることを第一として、昔あこがれた作業療法士の方を頭に思い浮かべながら仕事に取り組んでいます。地元の病院ということもあって、小さい頃からお世話になっていた方やそのご家族の方も患者様としていらっしゃることもありますが、そんな方も含め、たわいもない話などをして和ませて、リラックスして治療に臨んでいただけるように心がけています。年々高齢化が進んでいますが、患者様が住み慣れて愛着のある環境で、安心して暮らせるためのサポートができる仕事にとてもやりがいを感じています。
ページの先頭へ戻る