HOME学科紹介 > 義肢装具学科(義肢装具学科とは)
理学療法学科
作業療法学科
臨床工学学科
義肢装具学科
救急救命学科
義肢装具学科とは
学科説明

より良い義肢や装具を提供する 医療専門職

知識や技術の習得、高いコミュニケーション能力の獲得

近年、リハビリテーション医学分野を含む医療全体の高度化、専門化が進み、同時にチーム医療の重要性が高まっています。当然ながら、医師、理学療法士、作業療法士、看護師などの関連した専門職との連携は必要不可欠であり、そのような環境の中で信頼を築いていかねばなりません。義肢装具士は、より良い義肢や装具を提供する医療専門職ですが、本学科では様々な知識や技術の習得とともに、高いコミュニケーション能力の獲得も目指します。

義肢装具とは

義肢とは、身体の一部に欠損のある人に対して、その欠損を補填したり、失われた機能を代替するための器具です。装具とは、身体(体幹、腕、手、足)の機能に障害のある人に対して機能を回復させたり、筋力低下を防いだりするための器具です。

義肢装具士とは

医師の指示のもとに、義肢装具の装着部位の採寸(身体の寸法を測る)・採型(ギプスなどで身体の形をとる)・適合(出来上がった義肢・装具を身体に合うように調整する)を行います。

義肢装具士のこれから

義肢装具士は、障害を持つ人々が義肢や装具を必要とするときに活躍する仕事です。特に、身体と機器(義肢、装具、杖、車椅子等)が接触する部分、いわゆるインターフェースとなる部分を身体に適合させることのプロフェッショナルです。国内で義肢装具士が就職し働く場所は主に義肢装具の製作所ですが、義肢装具を使用する人々が活躍する所では大きく関ってくることもあります。それは、義肢装具を使用して、スポーツをする障害のある人々のためであったり、プロスポーツの世界であるかもしれません。

得られる資格

国家資格以外に取得可能な資格として、在学中から福祉住環境コーディネーター2級の資格取得を目指しています。他にも卒業と同時に受験資格を得られる2級技能士(義肢製作・装具製作)、ケアマネージャーなどをがあります。またエジプト・チリ・ドミニカなど青年海外協力隊への参加実績もあります。
ページの先頭へ戻る
教育方針
■教育目的
義肢装具学科では国家試験に合格することはもちろんのこと、知識と技術をより向上させることで専門職業人として活躍できる人材の育成を考えています。

求める人物像

1. 物づくりが好きな人
2. 人と接する仕事に興味がある人
3. 知的好奇心が旺盛で、行動力にあふれる人


教育目標

1. 基礎知識の徹底習得
2. 義肢装具の多面的理解と問題解決能力の習得
3. 社会的ニーズに即した人材の育成
4. 調和の取れた人格形成


目指す人材像

1. 思いやりの心を持ち、対象者の福祉を考えて行動する義肢装具士
2. 保健・医療・福祉の各領域で他の専門職と連携して業務を行う義肢装具士
3. 国際面を含め広い視野を持ち、義肢装具の研究・開発のため自己研鑽を図る


ページの先頭へ戻る
学科の魅力

平成29年度国家試験合格率新卒100%(全国平均85.3%)

基礎知識・技術の習得から確実に階段を上がって行けるよう、学力に応じた細やかな学習支援を実施しています。また、最終段階では50時間以上の個別指導などを通して、一緒にゴールを目指します。

少人数クラスで高い実践力・専門力を獲得!

クラス25名で和気あいあいと学習します。細やかな指導のもと、義足使用者を対象にした実習などで実践力を磨きます。さらに、スポーツ義足や電動義手といった最先端技術に触れる授業を通して高い専門力を養います。

就職率100%継続中!

開学以来30年、これまでに約460名の義肢装具士(全国では約5300名)を輩出し、本学科と関連事業所とのネットワークは全国に広がっています。これらの実績をもとに、本学科は毎年100%の就職率を続けています。

学科ムービー2018(義肢装具学科編)
ページの先頭へ戻る
カリキュラム

1年次時間割(平成30年度)

前学期 義肢装具学科 1年
時間割
   
1 9:00〜
10:30
義肢装具
基本工作論T
解剖学T 解剖学U 義肢装具
基本工作論T
人間発達学 図学・製図学
2 10:40〜
12:10
心理学

義肢装具
基本工作論T
保健体育 生理学 情報処理演習  
3 13:10〜
14:40
義肢装具
基本工作論T
公衆衛生学   義肢装具学概論 解剖学U 笹川
運動学T 山形
運動学U 石内
 
4 14:50〜
16:20
運動学T   社会福祉学

コミュニケーション論
義肢装具
生体力学
 
後学期 義肢装具学科 1年
時間割
   
1 9:00〜
10:30
体幹装具学T     義肢装具
基本工作論U
運動学V 義肢装具材料力学
2 10:40〜
12:10
保健体育 臨床心理学

運動学W
物理学 数理統計学
3 13:10〜
14:40
体幹装具学T 体幹装具学T 英語 義肢装具
基本工作論U
義肢装具材料学  
4 14:50〜
16:20
  機構学  
※「時間割」は、変更されることがあります。

平成30年度義肢装具学科カリキュラム PDF(128KB)

授業紹介

基礎的な義肢装具学の習得により
人体の構造や機能を理解
1年次 人間的成長を促す教養科目、靭帯の構造や機能などを学ぶ基礎医学、義肢装具に関連る基礎工学を中心に学びます。また学内実習では、機械の扱い方、基本的な工作方法等の学習を行います。
 
臨床的な側面を捉えながらの
ステップアップ
2年次 義肢装具が適応となる疾患に関する理解や、臨床的な義肢装具の適合技術の習得が中心になります。学生同士や実際に義肢を装着されている方々にモデルをお願いして、採寸、採型、適合といった臨床的技術を学びます。また、学外で行う約6週間の臨床実習があり、経験豊かな義肢装具士から指導を仰ぎます。
 
より臨床な要素を高めた
知識の習得
3年次 約7割が製作実習に当てられます。学内外の実習では、理論と実際の結びつき、技術やコミュニケーションの大切さ、思いやりの気持ちなど、リハビリテーションスタッフとしての心構えを育てます。卒業研究では義肢装具に関する研究の思考や方法を学び、同時に義肢装具士国家試験合格に向けて、総合的な学習を進めます。
ページの先頭へ戻る
国家試験対策
3年生を対象として、国家試験対策を行っています。
国家試験までに自分のノートを作成していきます。自分で辞書や文献などで調べる努力が記憶へとつながって行く、この過程が重要です。過去問題を多数解くことで、問題の傾向や重要なポイントを見つけ、また同時に試験に慣れることによって、国家試験当日も緊張することなく、実力を発揮できるようになります。
また国家試験に向けて、義肢装具士の養成校共通の模擬試験を開催しています。これにより、その年の国家試験受験予定者の中での位置づけを確認でき、国家試験に対する学習意欲の向上を目指します。

国家試験対策のタイムスケジュール

▼ 4月 国家資格と試験に関するオリエンテーション
前回(その年)の国家試験を模擬試験形式で行い、自分の実力の確認。
▼ 5月〜6月 臨床実習が始まる前に、国家試験の過去問題に関して問題を収集し、実習中に回答・確認できるようにする。
▼ 7月〜8月 過去の国家試験問題をすべて確認済みの状態を目指す。
▼ 9月〜12月 国家試験対策開始。
さまざまな関連職種の国家試験問題を各分野に分け、これを毎週100問ずつ模擬試験形式で行います。終了した問題については、模範解答を作成すると共に、問題に関連する内容および参考文献・資料などをノートにまとめ、国家試験までに自分のノートを製作していきます。
▼ 1月〜2月 最終的な確認作業、全国統一模擬試験の受験、専任講師による各専門分野の講義等が行われます。
▼ 3月 国家試験
メッセージ

学科長から

学科長 小峯 敏文
義肢装具士の仕事には100%完璧がありません。そこに大きな魅力を見いだせますし、少しでもよりよい義肢装具を提供するという使命感を持って取り組めば、一生をかけるにふさわしい職業です。

⇒教員紹介

在校生から

三石 武さん (阿蘇中央高校出身)
第30期/1年生

Q1.熊リハで学んで、将来はどんな義肢装具士になりたいですか。
A1.立派な義肢、装具を作れるようになり、患者さんが義肢、装具をつけて安心して日常生活を送れるよう、また信頼してもらえるような義肢装具士になりたいです。

Q2.熊リハに入学を決めた理由はなんですか。
A2.義肢装具を学べる学校が地元の熊本にあったということと、学ぶ環境をパンフレットやオープンキャンパスで実際に見て、充実していたため熊リハで学ぼうと入学を決めました。

藤園 美帆さん (菊池高校出身)
第29期/2年生

Q1.熊リハに入学を決めた理由はなんでしたか?
A1.九州で唯一の義肢装具が学べる学校が、私の地元である熊本県にあることと、学科の雰囲気がとてもよかったからです。

Q2.これまでに学んだことで最も印象に残っていることを教えてください。
A2.臨床実習では、義肢装具の知識や医学的なことを学ぶ学校とは違い、教科書に載っていないこと、現場でしか学べないことを自分で実際に体験させてもらうことができ、今後のために、「今」私が何をすべきかを考えるいい機会になりました。

卒業生から

小手川 慧太さん (熊本県立第二高等学校出身)
義肢装具学科(2016年卒業) 所属会社:(株)バンキフ

熊リハは先生方が親切で、生徒同士も学年関係なく仲が良く、授業は義肢装具を作る実技が多く毎日楽しく通っていました。国家試験対策もバッチリやっていただけるのでしっかり勉強に励むことができました。卒業した今でも忘れることのできない充実した3年間でした。
実際に働いてみて、1人ひとりに適した“もの”を作るのは難しい一方で、そこにやりがいを感じています。CAD/CAMの技術を用いて義肢と装具を作ることもありますが、人の手や知識は必要不可欠です。より良い“もの”を提供するためにこれからも努力していきたいと思います。
ページの先頭へ戻る