HOME学科紹介義肢装具学科 > 学科通信
理学療法学科
作業療法学科
臨床工学学科
義肢装具学科
救急救命学科
義肢装具学科
義肢装具学科 MENU
カテゴリー
全カテゴリー
46件〜50件 (全 1,067件)  <前のページ   ・・・ 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 ・・・  >次のページ

アビリンピック2018

カテゴリー:いろいろ    Update:2018/11/04

今週末は沖縄で開催されています、
アビリンピック に専門委員(審査員)として参加しています。


体に障害を持つ方々が参加する
技能五輪のような競技で、
今年は22職種で開催されています。

この中には義肢製作種目がありまして、
今年は3名の選手
(膝上切断1名、膝下切断1名、下肢機能障害1名)
が参加しています。

障害を持った方々が参加する
このような競技があることを知っていただきたく、
upさせていただきました。

アビリンピック2018

卒業研究発表会

カテゴリー:学科    Update:2018/11/01

今日は1年間の集大成
卒業研究発表会でした。

いろいろ質問もあり、
凹んだところもあるかと思いますが、
それも経験です。

卒業して学会で発表してくれることを楽しみにしております。

皆さんお疲れ様でした!

ランニングクリニック 見学

カテゴリー:いろいろ    Update:2018/10/26

今日から3日間、浦安で開催される、
オットーボック ランニングクリニックに
見学参加しております。

リオパラリンピック走り幅跳びの
金メダリスト ハインリッヒ・ポポフ選手と
銀メダリスト山本篤選手を講師に、
抽選で選ばれた10名の切断者の方々が、
走れるようになるまで指導を受けます。
3日間みっちりとしごかれます(笑)

お二人は実力はもちろんのこと、
その指導力も素晴らしい❗️
その指導内容を聞いているだけでも、
沢山のことを学べます。

昨年から義足学の授業にスポーツ用義足を取り入れていますし、
熊リハの切断者スポーツクラブ
「ファイヤーブレーズ」の活動など、
得られた知識と技術を活かしていきたいと思います。

オットーボック ランニングクリニック2018

北京パラを目指して。

カテゴリー:選手サポート    Update:2018/10/25

4年後の北京パラリンピック目指して、
元プロスノーボーダー岡本圭司選手の活動が始まりました。

岡本選手については、
インタビュー記事こちらを参照下さい。
https://media.lifenet-seimei.co.jp/2016/09/02/7831/

競技復帰に向けて、
脊髄損傷の影響で筋力低下している、
股関節伸展、膝関節伸展の運動を補助する装具を製作しました。
(画像のモデルは義肢装具学科の学生さんです。)

来週からドバイの大会に出発されますので、
超急ぎで装具を製作しました。
まだ一号機ですので、とりあえず感がありますが、
これからバージョンアップして行きたいと思います。

熊リハ学院義肢装具学科は、
岡本選手の装具製作をサポートして行きます!

特別講義 

カテゴリー:学科    Update:2018/10/19

今日は2年生、3年生を対象に、
特別講義が行われています。

大阪にあります、
パシフィックサプライ(株)より、
ニコラス・フレイジャー先生(オーストラリア人義肢装具士)
をお招きし、
オズール社製品について、
ご紹介いただきました。

たくさんの商品の中から部品選択を求められます。
それぞれの特性をしっかり理解し、
自信を持って薦められるようになりましょう。

新しい物を常に情報収集しましょう。

46件〜50件 (全 1,067件)  <前のページ   ・・・ 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 ・・・  >次のページ