HOME学科紹介 > 理学療法学科(理学療法学科とは)
理学療法学科
作業療法学科
臨床工学学科
義肢装具学科
救急救命学科
理学療法学科とは
学科説明

病院から地域にいたる 広い地域からのニーズに応える

充実した実習カリキュラムによる基本的臨床能力の獲得

本学科では、充実したカリキュラムのもと人の体の仕組みやその働きについて充分に理解したうえで、理学療法士として必要な評価方法や専門的治療手技を学びます。また、臨床実習において最先端のリハビリテーションを経験することで、脳卒中・骨折・脳性麻痺・スポーツ障害など多岐にわたる障害とその生活支援に即応できるスペシャリストを育てます。

理学療法士とは

理学療法士は、事故や疾病により障害をもたれた方々が、その方にあった新しい生活をおくれるよう支援するリハビリテーション領域の専門職(国家資格)です。麻痺や関節の動きの改善には運動療法、痛みや循環の改善には温熱や電気刺激による物理療法などの専門的治療技術を用い身体機能の向上、基本動作能力の向上を目指します。

・臨床見学演習:1年次前期 (1週間)
将来の職業となる理学療法士の業務内容等を具体的に把握することを目的に、病院などで臨床見学を行います。

・介護演習:1年次後期 (1週間)
高齢の方や障害を持つ方々を生活の場面から多面的にとらえることと、基本的介護技術の向上を図ることを目的とします。学内で基本的介護技術を習得したうえで、近郊の介護老人保健施設や特別養護老人ホームで実習を行います。

・評価学演習:2年次前期 (1週間)
学内で身につけた基本的評価技法を、臨床の場で実践することを目的とした実習です。患者様にご協力頂きながら、筋力や関節の動きについて測定を行います。

・評価実習:2年次後期 (3週間)
地域における理学療法士の役割について幅広く学ぶことを目的とした実習です。

・臨床実習(I〜III):3年次後期〜4年次前期 (25週間)
評価・治療計画の立案・治療訓練の実践におよぶ理学療法業務全般を臨床実習指導者の指導のもとに行われる実習です。自らが立てた治療計画に従って、運動療法や物理療法を実践します。
ページの先頭へ戻る
教育方針
■教育目的
理学療法学科では、国家試験合格はもちろんのこと、理学療法士として必要な知識・技術・態度を身につけ、社会のニードに応える人材を育成するため、以下の基本的教育目標を掲げています。

求める人物像

1. 笑顔で接することができる人
2. 患者さんに寄り添うことができる人
3. “なぜ”という疑問を持ち考えることができる人


教育目標

当学科では、医療人としてのもつべき資質を高めるために
1. 共感できる豊かな感性の育成と助長
2. 基本的知識技術の習得と知的探求心の育成
3. 問題解決能力の向上
の3点を基本的な教育目標としています。

基本的資質としては、
・理学療法の対象となる方々と目線を等しくし、その苦しみと喜びを共感することができる
・抱える問題を共に考え、共に解決していく姿勢をとることができる
・問題を解決するために、幅広い領域の知識や情報を求めることができる
・医療専門職として、深い洞察のもと適切な理学療法を選択できる
ことを目標としています。

知識技術の面では、基礎医学を基本におき実践的な理学療法へと展開できるよう
・理学療法士は「ひとの動き」を様々な視点から評価・考察することができる
・基本的治療手技の理論的背景を理解し、実践することができる
・「ひとの動き」という視点からの生活支援や、障害予防等について考察、実践することができる
などを目標に掲げ教育指導にあたっています。


目指す人材像

1. 対象者並びに医療スタッフに対し、常に共感と協調の姿勢をもって対応できる理学療法士
2. 対象者並びに社会のニーズに対応できる実践力をもった理学療法士
3. 研究活動や教育活動に積極的な理学療法士

ページの先頭へ戻る
学科の魅力

合格力!

開校以来高い国家試験合格率を保持しています。学生の頑張りに加え、経験豊富な教員による「わかりやすい授業」と「わかりやすい評価」の賜物です。“知識や技術”の習得は“夢”の実現です。クラスメートや教員と一緒にアットホームな関係性で楽しく授業や学習支援をしています。

就職力!

開校以来37年の歴史を積み上げ、日本でも有数の伝統校です。現在、約1200人の先輩たちが日本のみならず世界を舞台(ちなみに、学科長は1年間イタリア留学してました!)に患者の障がいの改善・回復に取り組んでいます。37年間に広がったネットワークを活かし、就職率は34年連続100%を維持しています。

即戦力!

専門分野(スポーツ・整形・小児・心臓・呼吸・脳神経等)で活躍している教員8人が、その専門力と教育力で魅力ある授業づくりをしています。学生と教員の信頼関係が強いこともあり、医療に貢献 できる“即戦力”の理学療法士を輩出しています。オープンキャンパスで確認してください。お待ちしています。

学科ムービー2018(理学療法学科編)
ページの先頭へ戻る
カリキュラム

1年次時間割(平成30年度)

前学期 理学療法学科 1年
時間割
   
1 9:00〜
10:30
英語 文学 コミュニケーション論   解剖学T リハビリテーション
医学概論
2 10:40〜
12:10
解剖学U 医学用語   保健体育 理学療法学概論  
3 13:10〜
14:40
運動学T 生理学T   心理学 自然科学U  
4 14:50〜
16:20
  自然科学T   医学倫理・
職業倫理学
生理学T  
後学期 理学療法学科 1年
時間割
   
1 9:00〜
10:30
  理学療法演習T 解剖学U 理学療法学概論 運動療法学T
(総論)
 
2 10:40〜
12:10
運動学T 生理学U 理学療法セミナー 理学療法評価学T 人間発達学 神経内科学T
3 13:10〜
14:40
運動学T 公衆衛生学   解剖学演習 生理学U  
4 14:50〜
16:20
  精神医学T   解剖学T  
※「時間割」は、変更されることがあります。

平成30年度理学療法学科カリキュラム PDF(144KB)

授業紹介

基礎医学とリハビリテーションの
理念についての理解
1年次 基礎医学を中心に人体の構造と機能について学習するとともに、リハビリテーションの理念について理解を深めます。臨床見学演習や介護演習などを通して、障害をもった方々の視点にたった対応を身に付けていきます。
 
疾患の理解と治療に関する
専門的知識と技術の習得
2年次 疾病や障害の成り立ちについて理解を深める専門領域の講義が中心となります。障害の程度を把握するための評価方法や運動療法などの治療方法に関して知識や技術を学びます。学外実習では評価学演習・評価実習があり実習の内容もステップアップしていきます。
 
臨床の現場で最先端の
リハビリテーションを経験
3年次 前半は臨床場面で必要な実践的理学療法について理論と技術を学びます。後半は臨床実習T(7週間)がスタートします。九州地区を中心に全国(栃木〜沖縄)約100カ所の臨床実習施設で最先端のリハビリテーションを経験します。
 
実践的な臨床実習と
国家試験対策
4年次 前半の臨床実習(II・III)では、臨床現場で将来の理学療法士として研鑽を積みます。後半は国家試験に向けての学習が中心となり、グループ学習や模擬試験・国家試験対策特別講義など、充実した内容で国家試験合格を目指します。
ページの先頭へ戻る
国家試験対策
国家試験対策の学習は、1年次からの学習の積み重ねです。1年次から学習支援等を行っています。また、専任講師の各授業にも国家試験対策know-Howがちりばめられています。苦手科目に対しては適宜個別指導を行うなど理学療法学科スタッフ全員できめの細かい指導を行います。模擬試験や国家試験対策特別講義を実施し、全員合格を目指します。

国家試験対策のタイムスケジュール

◎3年次
▼ 12月
模擬試験 第1回
▼ 3月〜 過去問題整理分析
◎4年次
▼ 4月
模擬試験 第2回
▼ 7月 模擬試験 第3回
▼ 10月 模擬試験 第4回
グループ学習開始
▼ 12月 模擬試験 第5回
国試対策特別講義(〜2月)
▼ 1月 業者模擬試験(第1・2回)
▼ 2月 業者模擬試験(第3・4回)
国家試験
▼ 3月 合格発表
ページの先頭へ戻る
メッセージ

学科長から

学科長 池田 耕治
将来の日本のリハビリテーション界を背負っていく、人間味溢れる優れた『理学療法士』を目指すみなさんのために『熊本総合医療リハビリテーション学院』は存在します。みなさんの未来に向けてのチャレンジに、私たちは4年間全力で支援します。まずは、そのための『学び』を熊リハでやり始めましょう!仲間とともにやり続けましょう!そして、私たちとともにやり抜きましょう!みなさんとともに笑顔で学べる日を楽しみに待っています。

⇒教員紹介

在校生から

1年生 秋窪 実夢 (熊本商業高校出身)
Q1:熊リハで学んで、将来どんな理学療法士を目指していますか?
Answer:患者さんと同じ目線で考え、その人にあった治療を提供できる理学療法士を目指しています。
Q2:熊リハに入学を決めた理由は何でしたか?
Answer:家からも近く、オープンキャンパスに参加した時に、校舎がとてもきれいな事と楽しそうな先輩方が多かったからです。

2年生 高瀬 遥菜 (ルーテル学院高等学校出身)
Q1:熊リハで学んで、将来どんな理学療法士を目指していますか?
Answer:今は、子どもの領域に携わりたいと思っています。そして子どもだけでなくその家族にも信頼してもらえるような理学療法士になりたいと思っています。
Q2:あなたが思う熊リハの「イチオシ!」を紹介してください。
Answer:学校の雰囲気が良いところです。オープンキャンパスに参加して、先輩方と先生方の関係がとても良く感じ、自分もここで学びたいと思い入学しました。

2年生 米村 誠剛 (熊本国府高校出身)
Q1:あなたが思う熊リハの「イチオシ!」を紹介してください。
Answer:生徒と先生の距離がいい意味で近く質問がしやすいところです。先生の説明はとても分かりやすく、自分のためになります。
Q2:所属している部活動と日々の活動の様子を教えてください。
Answer:サッカー部に所属しています。先輩・後輩の仲が良く、楽しくサッカーを行っています。

卒業生から

リハビリテーションセンター熊本回生会病院
津田 輝史朗 (2016年卒業)
大津高校出身
患者様やアスリートの体や心を支える仕事内容が自分には合っていると思い強く意識するようになりました。両親や高校の先生のすすめもあり、熊リハを志望しました。多くの実習で経験を積んだことは自分にとって大きな財産だったと実感しています。
ページの先頭へ戻る