熊リハ2019年学院案内パンフ
22/40

義肢と装具に関係する基礎知識・技術を学ぶ医学系では基本的な体の仕組みや機能を、工学系では製図や材料などについて学びます。実習では実際の義足や装具を製作しながら、基礎的な型取りや製作の技術習得が目標です。また、いろいろな課題に関するスピーチやプレゼンテーションを通して、コミュニケーション力向上を目指します。国家試験100%合格を目指す!HOW TO STEP◀運動学 人体の構造と機能の関連性やメカニズムを学ぶために、骨や筋などの基礎知識から、正常機能や病態機能などの臨床応用までを学びます。● 物理学● 数理統計学● 英語● 心理学● 人間発達学● 保健体育● コミュニケーション論● 医学概論● 解剖学Ⅰ● 解剖学Ⅱ● 生理学● 運動学Ⅰ● 運動学Ⅱ● 運動学Ⅲ● 運動学Ⅳ● 臨床心理学● 社会福祉学● 公衆衛生学● 図学・製図学● 機構学● 情報処理演習● 義肢装具材料学● 義肢装具材料力学● 義肢装具学概論● 義肢装具基本工作論Ⅰ● 義肢装具基本工作論Ⅱ● 義肢装具生体力学● 体幹装具学Ⅰ1年次のカリキュラム義肢と装具が必要な人々を理解して、より実践的に義肢や装具が必要となる人々の障がいや病気について広く勉強します。実際の切断者モデルにお願いして、型取りや適合技術を深く学ぶとともに、コミュニケーションや思いやりの大切さを身に付けます。臨床実習では、経験豊富な義肢装具士の指導の下、より実践的な現場を経験します。◀特殊装具学専門分野の製作実習では、実際に学生同士で採寸採型を行うことから製作適合までを学びます。理論や製作方法は勿論のこと、完成した装具を装着することにより、その機能を体感します。● 医学専門用語● 美学● 運動学演習● 機能解剖学● 機能解剖学演習● 一般臨床医学● 臨床神経学● 整形外科学Ⅰ● 整形外科学Ⅱ● 病理学● リハビリテーション医学● 装具学演習Ⅰ● 下肢装具学Ⅰ● 義足学Ⅰ● 特殊装具学Ⅰ● 下肢装具学Ⅱ● 義手学● 義足学Ⅱ● 臨床実習Ⅰ2年次のカリキュラム自ら考える応用編、そして義肢装具士へ1年、2年に習得した知識や技術を基礎として、さらに応用できる力を身に付けます。義肢装具士としての将来的なスキルアップを目指し、卒業研究では研究の思考とプロセスを学びます。そして、集大成となる国家試験合格に向け、ラストスパートをかけていきます。 ◀義足学Ⅲ切断者の方を招き、実際に製作から適合までを学びます。義足での歩行状態を観察し、自ら考え応用出来る力を身につけます。● リハビリテーション特論● 社会保障論● 福祉用具学● リハビリテーション工学● 装具学演習Ⅱ● 上肢装具学● 体幹装具学Ⅱ● 下肢装具学Ⅲ● 特殊装具学Ⅱ● 義足学Ⅲ● 義足学Ⅳ● 卒業研究● 臨床実習Ⅱ3年次のカリキュラム◀下肢装具学Ⅲ1年、2年に習得した知識や技術を基礎とし、義肢装具士としての将来的なスキルアップを目指します。3年間の学び義肢装具学科Prosthetics & Orthotics製作実習の技術指導は超実践的!義肢装具を専門的に学べるのは九州・沖縄ではここだけ!21● …基礎分野 ● …専門基礎分野 ● …専門分野1年2年3年

元のページ  ../index.html#22

このブックを見る