熊リハ2019年学院案内パンフ
23/40

楽しく明るい雰囲気で技術や知識を学ぶことができる環境です。藤園 義肢装具士の分野を集中して学ぶことができ、ユーザーと深く関わることができる実習があること、義肢装具学科があるのは九州にはここだけ。という理由から熊リハに入学を決めました。小峯 義肢装具士は病気やけが、身体障がいのある方を対象に、医師の指示のもとで義肢装具を設計、製作していく医療専門職。ものづくりを通じて、対象となる方々の生活を支援する仕事です。藤園 義肢装具学科には、幅広い知識を持つ先生方、実践的な実習、多様な考え方を持った仲間など、義肢装具士として成長するための環境が揃っています。小峯 授業では人体の構造や機能といった基礎医学、病気やけがを対象とした臨高校3年生の時に熊リハのオープンキャンパスに参加し、そこで初めて義肢装具士という仕事を知りました。私は幼い頃から物づくりをすることや考えることが好きでした。オープンキャンパスで、実際に義足を見たり、手に取ったり、授業風景を見学して、直感的に「この仕事がしたい ! 」と強烈に思ったことを覚えています。今は義肢課に所属し、義肢の製作に携わっています。患者様一人ひとり体格も違えば、生活様式も違います。義肢を製作するにあたっては、患者様とのコミュ床医学、義肢装具の基礎など、幅広く様々な分野を学びます。また、実際の義足ユーザーの方に対する実践的実習や臨床実習で現場に必要な応用力を身につけます。藤園 疑問に思ったことは先生や先輩方にすぐ聞くことのできる、アットホームな雰囲気も学科の魅力ですね。学んだ技術や知識をどう活かすのかを自分の頭で考えて、将来医療に携わっていきたいと思います。小峯 臨床経験豊富な専任講師の中には、スポーツ義足を専門とする者もおり、身障者スポーツ大会のボランティアなど、社会活動へ参加する機会も提供しています。また、全国で活躍する卒業生とは強い絆で結ばれており、就職率は100%を継続しています。将来の夢に向かって義肢装具学科でともに学んでみませんか?ニケーションをしっかりと取り、要望を把握することから始めます。自分が作ったものが患者様の体の一部として機能しているところを見ると、大きな達成感を感じますし、再び歩けるようになった患者様から頂いた「ありがとう」の言葉は、深く心に残ります。義肢装具士として患者様と向き合うことで初めて、熊リハで学んだこと、経験のすべてが、今の仕事に活きていると実感しています。今後も患者様一人ひとりに合った義肢装具の提供ができるよう、技術と知識を磨く努力を続けたいと思っています。ユーザーを笑顔に。義肢装具士の夢に向かって仲間とともに学びましょう。義肢装具学科 学科長 小峯 敏文最先端の技術で人と物を繋ぐ仕事です。徳田義肢製作所 藏原 和也さん義肢装具学科(2008年卒)熊本県/熊本北高校出身義肢装具学科 藤園 美帆 熊本県/菊池高校出身MEDICAL CARE & REHABILITATION22REAL VOICE先生卒業生在校生色々な事に興味を持ちながら学んでいきましょう!先輩&先生の声義肢装具学科

元のページ  ../index.html#23

このブックを見る