熊リハ2020年学院案内パンフ
19/40

臨床工学学科先生方の手厚いサポートのもと同じ夢を持つ仲間と一緒に過ごすかけがえのない日々。下田 私は中学生の頃に医療系に進みたいと考え、兄の影響で臨床工学技士という職業を知りました。医師や看護師とは異なる面から治療をサポートする臨床工学技士に魅力を感じ、目指そうと決めました。藤井 臨床工学技士は医師の指示を受けて生命維持管理装置の操作を行い、手術室、集中治療室など、いのちを救う最前線で医療技術を提供する専門職です。現在の医療はチームワークですから、人の気持ちを理解し、礼儀正しく、向上心あふれる人を求めています。下田 夏休みに対策をして「第2種ME技術実力検定試験」に合格することができました。わからないところも熱心に教えていただいたり、雑談をしたりと、学生と先生の距離が近いのはとても魅力的だと思います。藤井 臨床工学学科では医学と工学の高専在学中に医師であった父の影響もあり、医療の道へ進みたいという想いが芽生え、様々な医療職を探していました。その中で自分が今までに学んできた工業系の分野を活かすことのできる臨床工学技士を志すようになりました。熊リハでの学びは、実習経験を豊富に積めるということはもちろんですが、在学中からチーム医療の大切さを学ぶことができる環境にあることも強みであると感じています。学生行事やサークル活動を通じた交流で築いた人の和は、大きな財産となっています。また就職の際のサポートも手厚く、両方を学びます。医学分野は人のからだの構造から治療法まで、工学分野では医療機器の原理から正しい操作方法までを修得します。下田 3年課程なので大学より1年早く現場に出ることができる熊リハを選びました。先生方の手厚い指導とサポートがあるため、充実した学院生活が送れます。藤井 臨床工学学科の強みは、全員で国家試験合格に向けて取り組むチーム力です。実習機材は病院の医療機器と同じものを使うので、即戦力が身に着きます。豊富な臨床経験と専門力を持った講師陣が基礎から専門まで充実した支援を行います。下田 熊リハでは“臨床工学技士になる”という同じ夢を持つ仲間と、かけがえのない思い出を作ることができます。体育祭などのイベントでは他学年とも交流があり、楽しい学院生活が過ごせます。先輩方が受けられた病院の就職試験内容や、親身にサポートしてくださる先生方との面接の練習を受け、準備万端で就職試験に臨むことができました。今は血液浄化部門での業務を行っています。患者様が手術後に少しずつ回復されていく過程に立ち合わせていただくことが多く、元気になって退院される患者様の笑顔と言葉に、こちらが元気をもらっています。まだまだ学ぶことはたくさんありますが、患者様はもちろん、医師や看護師にも頼ってもらえる臨床工学技士になる事が現在の目標です。熊リハで学んだ技術、人の和を活かしてこれからも目標に向かって頑張ります。臨床工学技士に必要な医学と工学を学ぶ3年間。個性的な人材が集まります。臨床工学学科 学科長 藤井 裕最先端の技術で患者様の笑顔を支える専門士。熊本大学医学部附属病院 園田 佳奈さん臨床工学学科(2015年卒)宮崎県/都城工業高等専門学校出身臨床工学学科 下田 玲華 熊本県/矢部高校出身MEDICAL CARE & REHABILITATION18REAL VOICE先生卒業生在校生頼りがいのある先生と一緒に頑張りましょう!先輩&先生の声

元のページ  ../index.html#19

このブックを見る