熊本総合医療リハビリテーション学院
18/40

医学と工学の基礎を学び、心温かい人間性を医療人としての一般教養的な基礎科目、医学・工学の基礎となる専門基礎科目を学びます。カリキュラムに「接遇マナー・人間学」「文章学」などを取り入れ、一般社会の常識を習得します。また、知識や技術だけでなく、医療に携わる者として、「人の痛み」が理解できる心を養い、コミュニケーション能力を身に付けます。チーム医療の中で、関係するいろいろな職種とその役割を知り、コミュニケーションを取りながら連携していくことの大切さを学びます。▲チーム医療論1年次のカリキュラム●生物化学●数学●物理学●英語●医学用語学●チーム医療論●心理学●文章学●保健体育●接遇マナー・人間学●公衆衛生学 ●解剖生理●病理学概論●基礎医学実習●医学概論●臨床生化学●看護学概論●電気数理学●応用数学●電気工学Ⅰ ●電気工学Ⅱ●電子工学Ⅰ●理工学演習Ⅰ ●システム・情報処理工学●医用生体工学概論●計測工学●血液浄化装置学Ⅰ●関係法規●内科・外科学●神経学●血液感染学1年次基礎的な技術を、さらに確かな技術へ医療機器に実際に触れながら、その構造や安全性について理解を深めていきます。学年末には、希望して選ばれた学生が臨床現場で実技を学んだ後、学内実習のリーダーとなって学生全員の実技を確かなものにします。臨床工学技士に必要な電気・電子工学の基礎を学びます。また、測定機器の取り扱いを通して回路の動作原理や特性を修得します。▲電気・電子工学総合実習2年次のカリキュラム●臨床生理学●臨床免疫学●臨床検査学●電子工学Ⅱ●電気・電子工学総合実習●機械工学 ●理工学演習Ⅱ ●統計学 ●物性工学 ●材料工学  ●医用治療織器学●医用治療機器学実習●画像診断機器学●生体計測装置学Ⅰ●生体計測装置学Ⅱ●生体計測装置学実習●呼吸療法装置学Ⅰ●呼吸療法装置学Ⅱ●呼吸療法装置学Ⅲ●体外循環装置学Ⅰ●体外循環装置学Ⅱ●体外循環装置学Ⅲ ●血液浄化装置学Ⅱ●医用機器安全管理学●消化器科学●呼吸器科学●循環器科学●腎・泌尿器科学●代謝内分泌学●麻酔・集中治療学2年次臨床工学学科 3年間の学び就職活動体験記臨床工学技士として日々成長できるよう頑張りたいです。急性期で心臓血管外科と人工心肺の症例数の多い病院への就職を希望し、就職活動を行いました。人口心肺業務のある病院は限られているため、学院に寄せられる求人情報をしっかりと確認し、気になった病院の見学もしました。私は本番に弱く、面接で緊張して上手く話せないことに苦労していました。しかし、先生と何度も面接練習を行い、指導していただいた内容をきちんと整理したことで自信がつき、緊張することなく就職試験に臨むことができました。職場では周囲とコミュニケーションを取ることを心がけ、医師や看護師と信頼関係を築きながら、日々勉強していきたいと思います。主な就職先・熊本大学病院・済生会熊本病院・熊本労災病院・嶋田病院・仁誠会クリニック・久留米大学病院・鹿児島大学病院・京都大学医学部付属病院・西京都病院・善仁会グループ池田 雄紀2020年3月卒業17

元のページ  ../index.html#18

このブックを見る