熊本総合医療リハビリテーション学院
32/40

実家から通える距離ではあったのですが、自立のために一人暮らしを選択しました。初めは慣れないことばかりで、勉強との両立がとても大変でした。現在では、自炊や洗濯、アルバイト等をしながらでも勉強を欠かさず行い、充実した生活を送っています。一人暮らしを通して、改めて感謝することを学びました。両親をはじめ、切磋琢磨しあえる仲間、頼りになる先輩方、情熱を注いでくれる先生方のおかげで自分の将来に向けて頑張ることが出来ています。将来は、その方々へ恩返しするためにも、人の気持ちに寄り添える、優しい救急救命士になろうと思います。自宅通学の良いところは、家に帰ると家族がいるため安心して日々の生活を送れることです。駅から学校までスクールバスの送迎があるため、快適に通学することができています。学校生活は大変なこともありますが、空き時間や放課後に学校付近のお店へ食事に出かけたり、アルバイトをしたり、とても充実しています。テスト前は、放課後に教室やランチルームで友達と勉強しており、自分たちだけで解決できないところは先生に質問することができます。将来は、対象者だけでなくそのご家族にも満足していただけるような作業療法を提供できるようになりたいです。作業療法学科 / 熊本県立松橋高等学校出身救急救命学科 / 熊本県立熊本北高等学校出身

元のページ  ../index.html#32

このブックを見る