熊本総合医療リハビリテーション学院
34/40

本学院の特待生制度は、創立30周年記念事業の一環として設立され、学業成績が優秀な学生の支援を行っています。特待生制度修学サポート意欲と能力のある学生が、経済的理由により修学を断念することなく、安心して学べることを目的とします。授業料減免制度授業料万円減免20授業料万円免除15在学生将来、医療・保健・福祉の分野で社会貢献したいとの高い目的意識を持って勉学に励んでいる学生を、特待生として支援します。前年度の学業成績をもとに、各学科・各学年より数名の特待生を選考します。入学後(4月)、新入生全員を対象に実施する「基礎学力試験」の結果をもとに各学科より数名の特待生を選考します。新入生家計状況の急変により、学費の納入が困難な学生のうち、勉学に対する意欲があり学業優秀と認められる学生。対 象自分が今までしてきた努力の結果が「特待生」という形に現れたことで、勉強への意欲を良い方向に保つことができました。熊リハには個性豊かな学生と先生が多く、学内での生活は飽きません。現場で働いている先生から話を聞いたり、色々な経歴を持った先輩からアドバイスをいただいたりできます。これからも向上心を持ち続けて毎日コツコツ勉強し、自分の出来ることを増やしていくことで、周りから頼ってもらえる臨床工学技士になれるように努力していきたいです。from 特待生西澤 嘉康臨床工学学科頼られる臨床工学技士になるため、常に向上心を持ち続けています。Support Systemサポート体制33

元のページ  ../index.html#34

このブックを見る