熊本総合医療リハビリテーション学院

交通アクセス

学費・学費サポート

School Expenses Support

入学時に要する諸経費

本学院における学費については下記の通りになります。授業料・実験実習費・施設実習費は、前期分・後期分に分納することができます。
入学希望者の父母・兄弟姉妹が、本学院の卒業生もしくは在籍者である場合、入学金を半額免除いたします。該当する方は合格時に、入試事務部までお申し出ください。

理学療法学科

入学金(入学時のみ)

300,000円

授業料(年額)

600,000円

実験実習費(年額)

300,000円

施設充実費(年額)

300,000円

入学時合計額

1,500,000円

作業療法学科

入学金(入学時のみ)

300,000円

授業料(年額)

600,000円

実験実習費(年額)

300,000円

施設充実費(年額)

300,000円

入学時合計額

1,500,000円

臨床工学学科

入学金(入学時のみ)

400,000円

授業料(年額)

600,000円

実験実習費(年額)

250,000円

施設充実費(年額)

200,000円

入学時合計額

1,450,000円

義肢装具学科

入学金(入学時のみ)

300,000円

授業料(年額)

700,000円

実験実習費(年額)

450,000円

施設充実費(年額)

250,000円

入学時合計額

1,700,000円

救急救命学科

入学金(入学時のみ)

300,000円

授業料(年額)

600,000円

実験実習費(年額)

250,000円

施設充実費(年額)

200,000円

入学時合計額

1,350,000円

その他の諸経費について

後援会費
本学院における教育の発展を助成し、学生の課外活動、福利厚生、修学の援助を目的とし運営されます。
20,000円(年額)
教科書代
教科書は年度ごとに変更があります。各学科・各学年によって費用も異なります。
白衣・体操服
白衣は上下2セットで8,000円程度。(サイズにより値段が異なります)
体操服は上下セットのジャージとTシャツで10,000円程度になります。
保険
入学と同時に専修学校教育振興会の「学生生徒災害障害保険」に全員が加入します。
理学療法学科・作業療法学科(4年間)3,040円
臨床工学学科・義肢装具学科(3年間)2,390円
救急救命学科(2年間)1,650円

特待生制度

特待生制度について

本学院の特待生制度は、創立30周年記念事業の一環として設立され、学業成績が優秀な学生の支援を行っております。

授業料 15万円免除
新入生

入学後(4月)、新入学全員を対象に実施する「基礎学力試験」の結果をもとに、各学科より数名の特待生を選考します。

在学生

将来、医療・保険・福祉の分野で社会貢献したいとの高い目的意識を持って勉学に励んでいる学生を、特待生として支援します。前年度の学業成績をもとに、各学科・各学年より数名の特待生を選考します。

特待生コメント

理想の理学療法士をめざして。

特待生

母が医療職に就いており、子供の頃から憧れていました。医療の道を意識し始めたのは、高校2年生の時に医療関係のことを自分なりに調べてみたことがきっかけです。患者さんに対し、自分でリハビリの内容を考えてアプローチしていくことに大変やりがいを覚え、魅力的な職業に感じました。熊リハは入学前からサポートをしてくださるので、講義のスタートが踏み出しやすいと考えたことと、オープンキャンパスで感じた先輩方と先生方が楽しく教えてくださる環境で学びたいという気持ちから志望しました。今後は、一人ひとりの患者さんに寄り添い、趣味や生活など、あらゆる面でサポートできる理学療法士をめざし、特待生の自覚をもって精進していきたいです。

特待生
熊リハ特待生制度 PDF
175.0 KB

授業料減免制度

授業料減免制度について

本学院では、家計状況の急変により、学費の納入が困難な学生を支援するために「授業料減免制度」を設けております。
意欲と能力のある学生が経済的な理由により修学を断念することなく、安心して学ぶことができます。

授業料 20万円減免

対象:家計状況の急変により、学費の納入が困難な学生のうち、勉学に対する意欲があり学業優秀と認められる学生。
※「熊本県専門学校授業料支援金」の給付対象として、県が定める要件に該当すれば、10万円の支援金も受けることができます。

授業料減免制度 PDF
457.0 KB

奨学金制度

奨学金及び各種教育ローンのご案内

多くの学生が国や地方公共団体などの奨学金制度を利用して、それぞれの夢や目標に向かって頑張っています。
意欲のある学生が安心して学べるよう、奨学金制度、各種教育ローンのご案内をいたします。

独立行政法人 日本学生支援機構

独立行政法人 日本学生支援機構 奨学事業部
TEL:0570-03-7240

https://www.jasso.go.jp/

熊本県育英資金

熊本県教育庁高等教育課
TEL:096-333-2682

http://kyouiku.higo.ed.jp/

宮崎県育英資金

宮崎県教育庁財務福利課
TEL:0985-32-4472

http://www.pref.miyazaki.lg.jp/

交通遺児育英会

交通遺児育英会奨学課
TEL:03-3556-0773

https://www.kotsuiji.com/

あしなが育英資金

あしなが育英会奨学課
TEL:0120-521286

https://www.ashinaga.org/

国の教育ローン

教育ローンコールセンター
TEL:0570-008656

https://www.jfc.go.jp/

学費サポートプラン

オリコ学費サポートデスク
TEL:0120-517-325

https://orico-web.jp/

悠裕プラン

ジャックスコンシュマーデスク
TEL:0120-338-817

https://www.jaccs.co.jp/

セディナ学費ローン

カスタマーセンター
TEL:0120-686-909

https://c-web.cedyna.co.jp/

振り込みについて

入学金・授業料等の振り込みに関して

平成19年1月4日から、本人確認手続きの法令の改正により、金融機関において10万円を超える現金の振込みを行う場合には、本人確認書類の提示が必要となります。
※ ATMでは、10万円を超える現金の振込みができません。

10万円を超える入学金・授業料などの現金振込みの際には、指定の振込用紙とともに、振込み手続きを行う方の本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)をご用意の上、金融機関の窓口をご利用ください。

現金ではなく預貯金口座を通じて振込みを行う場合は、ATM・窓口のいずれにおいても、これまでと同様の手順・方法で振込むことができます。
※ 口座開設の際に本人確認の手続きが済んでいない場合には、窓口で本人確認書類の提示が必要となることがあります。

保護者の方などが、振込名義人(受験生・入学者など)に代わって振込みの手続きを行う場合には、金融機関から振込みの目的(入学金・授業料などであること)を尋ねられることがあります。

これはマネー・ロンダリング、テロ資金対策のための国際的な要請を受けて行われた法令の改正です。
詳しくは、振込みを依頼する金融機関にお問い合わせください。

PAGE SCROLL