熊リハ2019年学院案内パンフ
15/40

作業療法学科先生方のサポートで充実した学生生活が送れています。松野 中学生のときに職場体験があり、その際に作業療法士の方が患者さんに真剣に向き合い対応している姿を見て、私もこんなかっこいい職業に就いてみたいと思ったことが作業療法士を目指したきっかけです。髙木 作業療法士は病気や怪我、もしくは生まれながらに障がいのある人など、年齢に関係なく、支援が必要なすべての人に関わります。人の暮らしに関わる全てのことを通して、こころとからだを元気にするプロフェッショナルです。松野 熊リハに入学した理由は、様々な学校のオープンキャンパスに参加する中で、一番先生と生徒の距離が近く、先輩方も優しくて学びやすい環境だと将来について考えている時に、知人の紹介で病院を見学させていただく機会がありました。そこで患者様の入院から退院、退院後の生活まで親身にフォローしている作業療法士の方を見て、日々の生活の変化を患者様と一緒に感じることのできる作業療法士という仕事に惹かれました。元々勉強が得意でなかったこともあり、熊リハ在学中は作業療法士になるために必死で勉強していました。そんな私の姿を見た先生方に、夜遅くまで親身になってサポートしていただいたことは今でも感謝しています。思ったからです。髙木 すべての講師が、学生を大人扱いすることを基本にしています。子ども扱いではなく、学生がよく考えて、自分で選び決定した意見を尊重します。松野 難しい科目を授業以外でも特別に授業してくださったり、先生方のサポートがあって、より充実した学生生活が送れています。髙木 熊リハ在学中に自分の興味を広げられるよう、いろいろな作業に積極的に取り組んでください。それが作業療法士としての財産になります。4年間は長いようで短いですよ。松野 熊リハで夢実現のため一緒に頑張りましょう !念願の作業療法士となった今は、患者様の心の安定と体の健康、患者様が自分らしくいきいきと過ごせることを第一として、昔憧れた作業療法士の方を頭に思い浮かべながら仕事に取り組んでいます。地元の病院ということもあって、小さい頃からお世話になった方やそのご家族の方も患者様としていらっしゃることもありますが、そんな方も含め、たわいもない話などをして和ませて、リラックスして治療に臨んでいただけるよう心がけています。年々高齢化が進んでいますが、患者様が住み慣れて愛着のある環境で、安心して暮らせるためのサポートができる仕事にとてもやりがいを感じています。作業療法士はこころとからだを元気にするプロフェッショナルです。作業療法学科 学科長 髙木 勝隆心と体の両面から患者様の生活に寄り添うスペシャリスト。医療法人杏章会 矢部広域病院 坂本 亜沙美さん作業療法学科(2013年卒)熊本県/矢部高校出身作業療法学科 松野 凪沙 熊本県/八代清流高校出身MEDICAL CARE & REHABILITATION14REAL VOICE先生卒業生在校生たくさんの病院や施設で作業療法士は活躍しています!先輩&先生の声

元のページ  ../index.html#15

このブックを見る