熊リハ2019年学院案内パンフ
27/40

救急救命学科熱い先生、仲間とともに救急救命士の夢に向かって成長できる環境です。南部 熊本地震のときに、命を救う方々を目の当たりにし、救命に携わる仕事がしたいと憧れるように。熊リハ卒業生の兄から魅力を聞いていたこともあり、入学を決めました。後藤 救急救命士とは、人の命に直接向かい合う仕事です。「ありがとう」の言葉を求めるのでなく、ただひたすらに、苦しむ人々の心に寄り添える人を求めています。南部 先生方は現場での経験が豊富で、教科書だけでは分からないことも学生一人ひとりに丁寧に教えてくださいます。一緒に励む仲間も意識が高く、毎日刺激を受けながら学べる環境が整っています。後藤 救急救命士に必要な基礎医学の授業はもちろん、実践的な実習が強みです。高校生の時にテレビで見た、過酷な救急現場で活躍する救急救命士の姿に感動し、小さい頃から抱いていた「人の役に立つ仕事をしたい」という夢が目標に変わりました。高校3年生の夏に熊リハのオープンキャンパスに参加し、救急救命士を本気でめざすことができる学習環境や熱い先生方、楽しく過ごせるキャンパスの雰囲気に惹かれ入学を決意しました。在学中は、充実したカリキュラムのもと、実践力を養うことが出来ました。臨地実習では、最前線で活躍する救急救命士の姿に直接触れ、「命を救う」という救急救命最新の知識や技術と共に、経験を基にした指導を行っています。「救急救命士になりたい」という強い意志をもった学生に、講師全員が全力で向き合うことを心掛けています。南日本学生救急救命技術選手権でも好成績を継続しています。南部 私が目指すのは、誰からも信頼される救急救命士。その実現のため、学内外の実習で現場の隊活動や患者さまへの対応など多くのことを取得できるように頑張ります。後藤 体系的なカリキュラムと、経験豊富な講師陣、同じ目標に向かって進む仲間と、夢に向かって成長できる環境が救急救命学科にはあります。一緒に幅広いフィールドで活躍できる救急救命士を目指しませんか?士の使命を改めて認識することができました。また、保育園や高齢者施設などでの実習を通して、幅広い年代の方とのコミュニケーション能力を身に付けることができました。実習で得た経験は、現在もさまざまな場面で活かされています。私はいま、救急隊員として救急医療の最前線で勤務しています。救急搬送した傷病者の方やそのご家族から「ありがとう」と言っていただいた時は、人の命を預かる仕事の大切さと、やりがいを改めて感じることができます。将来は、「命を救う」という熱い気持ちをもった後輩の指導ができるよう、今後さらにスキルを磨いていきたいと思います。全力で命と向き合う。技術と判断力、思いやりの心をもった人材を育てます。救急救命学科 学科長 後藤 正和救急の現場でかけがえのない命を救うエキスパート。熊本市消防局中央消防署 小佐井 鏡輔さん救急救命学科(2011年卒)熊本県/熊本農業高校出身救急救命学科 南部 大地 熊本県/大津高校出身MEDICAL CARE & REHABILITATION26REAL VOICE先生卒業生在校生同じ志を持った大切な仲間たちと切磋琢磨して成長しましょう!先輩&先生の声※写真はイメージです。

元のページ  ../index.html#27

このブックを見る