2022年度 熊本総合医療リハビリテーション学院 デジタルパンフレット
35/40

学生がより具体的な学習イメージをもち、日々の授業に参加できるように、授業工夫の一環としてアクティブラーニング(PBL;課題解決型学習、TBL;チーム基盤型学習)に取り組んできました。令和3年度よりeラーニングのひとつである「Moodle」を取り入れた学習運用システムを各学科で導入します。加えて、教員の経験や教授内容、学生の状況等に合わせ、教材やデジタル技術、過去のエビデンスを用いベストな組み合わせで授業を展開する「ベストミックス教育Best Mix Education」を追求します。これらの導入により、これまでよりも効果的、効率的で魅力的な授業が展開できます。高校までの授業とは一味違う「熊リハ」の授業を楽しみにしていてください。Moodleも加えたBest Mix教育による効果的、効率的で魅力的な授業学習に不安を抱いている学生や勉強が苦手な学生のために、様々な機会を利用した学習サポートを行い、学生一人ひとりの夢の実現を全力で応援します。学習サポート関連職種の理解を深めてもらうために、理学療法士、作業療法士、臨床工学技士、義肢装具士、救急救命士の仕事内容や専門性などを学習する機会を設けています。医療従事者を目指す学生として、チーム医療の基本を学ぶ大切な講義になります。5学科の魅力!相互講義で「チーム医療」を学ぶ!課題例理学療法学科:脳や体の仕組みについて学ぼう作業療法学科:骨と筋肉のかたちを確認しよう臨床工学学科:基礎数学、基礎国語、基礎理科義肢装具学科:筋肉のかたちを確認しよう救急救命学科:基礎的な医学用語と人体の仕組みと       働きを学ぼう(指定図書あり)入学試験﹁合格直後﹂からサポート入学前課題合格者には入学前課題を準備しています。課題の内容は学科により異なりますが、入学後の授業がスムーズに受けられるように配慮したものとなっており、加えて国家試験受験を視野に入れた内容にもなっています。また、新しい環境に戸惑うことなく学院生活がスタートできるよう、入学前に講師やクラスメイトとの交流を深める機会を設け、入学前課題の解説や入学後の学習方法について説明を行う学科もあります。入学後もサポート課外授業学習の基本となる「国語」と「数学」について、カリキュラムとは別に行う学習サポートです。授業の内容は、専門科目の学習に必要な内容を、学科の先生と相談して決定し、少人数で気軽に質問できる雰囲気を大切にしています。これまで十分に学習できなかった内容をしっかりと復習することができ、基礎学力の向上につながっています。国 語数 学話すこと:正しい言葉づかい、敬語の使い方聞くこと:メモのとり方書くこと:要約文・小論文の書き方読むこと:キーワード・キーセンテンスから    筆者の意図を読み取る言 語:漢字、慣用句小数・分数・正負の数の計算、文字式、式の変形、単位・割合・比、方程式、関数、ベクトル、三角比、確率など授業内容34KUMAMOTO COLLEGE OF MEDICAL CARE & REHABILITATION2022 GUIDEBOOK

元のページ  ../index.html#35

このブックを見る